頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

すべてのAくんへ

とうとうお別れの日になりました。
せっかく仲良くなれたのに残念です。

いろんなお話をしましたね。
一緒にいっぱい笑いましたね。


 でも寂しそうなときもありました。
そんなお話をしするとき、Aくんの声は悲しそうでした。


だからすぐに先生はAくんが寂しがりやさんだとわかりましたよ。


寂しいことが多いから、
ほんのちょっとでも楽しいことがあるとうれしそうでしたね。
先生はAくんの笑顔を見るのが好きでした。



 また先生は、Aくんが悩んでいることも知っています。
コンピュータ室の椅子でうなだれて
「どうしてオレは人と違うんやろ?」
とつぶやいていましたね。

 本当はいい子なのに、ついルールをやぶってしまうので
人に誤解されやすいことを、先生は残念に思っています。

 いつか先生がAくんに
「怒られるのが嫌なんやったら、怒られへんようにしたらええやん。黙ってじっと座ってたら怒られへんで。」
と言うと
「それができたらねぇ。。。」
と、半分ひとり言のように答えてくれたのを思い出します。

 もしかしたら
『みんなのように、じっとできないのを一番不思議に
思っているのはAくんのほうじゃないかな?』
先生はそう思いました。
そしてもっとずっと一緒に悩んであげたかったなと思いました。


でも大丈夫。


校長先生はじめ、担任のB先生はもちろんのこと、他の諸先生方も
みんなAくんのことを気にかけてくださっていますよ。


だからしんどくなったときは先生方に「しんどいです。」と
正直な言葉でお話してみてください。

きっと時間をつくって「どんなことがしんどいの?」と
聞いてくださいます。



そうそう、もうひとつ教えてあげたいことがあります。
先生は昔スペインを2週間旅行したことがあります。

知っているスペイン語はたった3つだけ。

それは

「こんにちは(オーラ!)」
「ありがとう(グラシアス)」
「トイレ(セルベシオ)」


でした。

 知らない土地で一番困るのはトイレをしたいときです。

そんなとき「オーラ!。。。セルベシオ?」などと
困った顔をして聞くと現地の人たちは親切に教えてくれました。

そして「グラシアス!」と笑顔で言うと
向こうも笑顔を返してくれました。


 このようにして2週間、身振り手振りと
3つの単語だけでなにも不自由しませんでした。


でもこれはきっとスペインだけのことではありません。 


日本にいても「こんにちは」と「ありがとう」は大事な言葉です。
(もちろんトイレもね。006.gif


人と会ったときにはあいさつする。
何かしてもらったときはお礼を言う。


これができるかできないかで、
人のAくんに対する接し方がまったく変わりますよ。


最後になりましたが、
Aくんにはいいところがいっぱいあります。


 少しだけ言うと、一番はじめに、
『心がやさしいところ』、

そして次に、
『おもしろいことをいつも探しているところ
(好奇心がある、という言い方もします)』


 それと、
『大事なことはなにかということがすぐわかるところ
(ポイントをつかむ力がある、という言い方もします)』

です。


ぜひ、いいところを伸ばしてください。


 そして大人になって家庭を持ったら、
Aくんが今「こんなお父さんだったらいいな」と願っているような
お父さんに自分がなってください。


そして休みの日には朝から晩まで子どもと一緒に遊んであげてください。
Aくんはきっといいお父さんになると思います。


先生はそう信じていますよ。




ではまたね。
[PR]
by hanarobo | 2011-10-02 12:14 | 日常
ついてこれるか!と言わんばかりの

この疾走感がいい。
青さがいい。






何といっても歌詞がいい。





この人たち、
どの曲も歌詞がいいんだよ。










キュンってなる。w
[PR]
by hanarobo | 2009-12-05 13:02 | メディア

命を吹き込む作業

今日で期末テストも終わりですね。
よくがんばったね。


最近、キミの顔が明るくなってきて
ママはとてもうれしいです。


中学生になったら、もう手助けしてあげられることも
なくなってきたなぁ、と思っていたけど、


あらあら、
まだこんなことがあったんだ!(゜o゜)と思いました。ww





今年の前半は、

ママは自分の手術のことで頭がいっぱいで、
あんまりキミに目を向けていなかったかもしれません。



手術が終わって回復して、

気がついたら、キミの表情の端々に翳りがありました。




お友達との事、クラブの事、
全てが良くない方向に行ってしまっていましたね。



話を聞くくらいしかママにはできなかったけど、

でも、


こういう風に何かのきっかけで
すべてが悪い方に転がっていくということは、

何かのきっかけで、
良い方向に変えられるんじゃないか?

と思いました。




だから、



キミに勉強の仕方を教えてあげよう!と思ったのです。





ママはキミを産んだとき、


絶対自分の子供には「勉強しなさい!」なんて言わない
お母さんになろう、と決めていました。



勉強ができなくたって生きていけるし、幸せにもなれるからです。




でも、全然幸せそうじゃないキミを見て、考えを変えました。
キミの孤独をなくしてあげよう、って。



今やっていることがわかるようになることで癒される孤独もあるだろう、と。


それで、パパにも頼んで、二人三脚でキミの先生をすることにしたのです。






勉強というのは、一言で言うと『命を吹き込む作業』です。



例えば、


ママ担当の英語で言うと、
「三単現のS」とか「不定詞の名詞的用法」とか「動名詞」とか、
こんな言葉に命を与える作業です。



こういう言葉に命が入ると、キミと英語の距離は近くなります。



今まで、キミとは関係のないところで進んでいた英語の授業が
急に近しく感じられるようになります。


もちろん、他の科目についても同じです。



無味乾燥に感じていた言葉たち、

「三角形の合同条件」や
「フレミングの左手の法則」や
「サ行変格活用」にも

命を与えていくと、
キミにとって生きた言葉になります。

生きた言葉たちと一緒に授業を受ければ、
もうさみしくなくなるでしょう?




でも、


その後も大事です。



今、キミが国語でやっている『論語』に
こんな言葉がありましたね。

『学んで思わざれば則ち罔し
思うて学ばざれば則ち殆し』


「学んでも考えなければ、物事ははっきりわからない。
考えても学ばなければ、独断に陥って危険である」



学校で習うこと、パパやママが言うこと、
それをごくごく飲んでるだけではダメです。


生きた言葉が身体に染み込んだら、

今度はキミの心を使ってその言葉を使いましょう。
心を込めましょう。




この世の中にキミと関係のないモノはありません。


英語も国語も
数学も理科も社会も
こうしてだんだん
キミのそばに寄り添ってきたなら、



同じように


この広い世の中のことすべてが、
キミと関わりのあることだとわかるはずです。




それは大人になったときにきっと、
生きていくことの孤独を癒してくれるはずです。



大人になって社会に出たときに、

自分と関わりのないことばかり、と思い込んで、
わけがわからずに生きていく孤独はつらいものです。




身の回りのこととキミは関わりがあるんだ、ということを理解する
最初の一歩が学校の勉強の中にあるのです。



だからこれからも
言葉に命を与え続けていってください。



最後に言います。





勉強しなさい。
[PR]
by hanarobo | 2009-12-02 13:38 | 日常

知命


他のひとがやってきて
この小包の紐 どうしたら
ほどけるかしらと言う




他のひとがやってきては
こんがらがった糸の束
なんとかしてよ と言う




鋏で切れいと進言するが
肯じない
仕方なく手伝う もそもそと




生きてるよしみに
こういうのが生きてるってことの
おおよそか それにしてもあんまりな




まきこまれ
ふりまわされ
くたびれはてて




ある日 卒然と悟らされる
もしかしたら たぶんそう
沢山のやさしい手が添えられたのだ




一人で処理してきたと思っている
わたくしの幾つかの結節点にも
今日までそれと気づかせぬほどのさりげなさで








茨木のり子
詩集 『自分の感受性くらい』
より
[PR]
by hanarobo | 2008-09-10 23:19 | メディア

冒涜。

「あのとき、私は あきれてなーーんにも言えなくなっちゃったのよ。」

電話の向こうの彼女は言った。







難しい言葉を使って、自作の曲を作り、歌っている男友達と、
やりあったらしい。





その核心部分。








「あんたさ、自分も意味がわかってないような言葉使って
 曲作るなんて、そんなの『言葉』に対する冒涜じゃない!








・・・・・。















「ボートクって、、、何?」









「ありがち====www」(はなロボ大爆笑)




「あいつさー

冒涜って言葉さえも知らなかったのよ。
きょとん、としちゃって。
ただ難しい言葉使ってみたいだけの子どもとおんなじ。

話になんないわ。














相手と一緒に乗っかっていると思っていた土俵が、
そこになかったとき、



人は脱力する。。。。









遠いな~~~
[PR]
by hanarobo | 2008-09-09 01:35 | 思い出

座右の銘。

ママ、ざゆうのめい、って何?



それは、言葉の意味がわからんの?それとも、
ママの座右の銘を聞いてるの?



両方。



言葉の意味がわからんときはまず辞書を引く!
持ってきなさい!!


(2人で辞書を読む)


わかった?



うん。



で、ママの座右の銘はね、

「おもしろき こともなきよを おもしろく
 すみなすものは こころなりけり」 だよ。



長っ!
しかも意味わからんし。



(メモに書く はなロボ)
「面白き事も無き世を 面白く
住み成すものは 心なりけり」



これでわかる?



あー
面白いことそんなにないけど、
面白くするには、面白いと思ったらええってことやね。



ま、ね。w



これは、高杉晋作の辞世の句でね。



じせいのく?



ほれ、また辞書を引く!w
でね、本当は、
高杉は死の床で上の句までしか詠まなかった、って言われてるねん。
「面白きことも無き世を 面白く」までね。
ほんで、しんどなって黙ってたんかな。

で、枕元にいたお坊さんが助け舟だすつもりで下の句をつけたんやて。
そのとき高杉はニヤリって笑ったらしいねん。



へ~
じゃ高杉晋作とお坊さんの合作やん。




ま、そうやねんけど、それはまぁ置いといて。

ママはね、そのエピソード聞いたときに、
高杉晋作はどんな気持ちでニヤリと笑ったんやろうな
と思ったのよ。

「そのとおりじゃ。」と思ったか、
それとも案外「つまらんこといいよる。プ。」と思ったかも、とか。ww
大きなことを成し遂げようとしてた人やからね。
それが若くしてできなくなってしまうんやから。。。
なんか下の句に壮大な句をつけたかったのかも、ってね。


ママもね、そのときの気分で、そのとおり、って思うこともあるし、
つまらんわ、って思うこともある。
それも含めて、いつも心にある言葉やねん。

ほんで、ミニロボの座右の銘は?




え=?!






www
[PR]
by hanarobo | 2008-08-04 11:18 | 日常

自分の感受性くらい


ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて




気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか




苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし




初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった




駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄




自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ




茨木のり子
詩集 「自分の感受性くらい」
より
[PR]
by hanarobo | 2008-07-08 14:02 | メディア
このブログの左にいくつかバナーを載せているが、
その一番下のStickamのバナーをクリックすると、
私のプロフィール画面になる。

そこには「メッセージ」という欄があるので、
思いついたことを、思いついたときに書くようにしている。


それが、ある程度溜まったので、
ここに載せてみる。


量があると、浮かび上がってくるものが変わってくるような気もして、
別の面白さを感じたので。(手前味噌ですがw)


では。





勝ち負けにこだわる人は
すでに負けている人が多い。





ことさら「自己」表現なんてしなくたって、そんなの自然と漏れてるよ。
しかも、だだ漏れ。





自己実現なんてしなくたってそんなの実現されてるよ。
今の君がそう。





はい、『いちびり』でございます。





私こそA型だ。





私は誰にも似ていない。





似てるから好きなのか
違うからこそ魅かれるのか





きっとどこかに共通点があるのでしょう。私たち。





音楽の『楽』。





事なかれ主義のロックンローラー
弱音を吐かないフォークシンガー
礼を言わない演歌歌手





一生懸命考えて出した結論と、
直感で出した結論は、
全く同じであることが多い。





自分が変わっていくことを
面白がっているうちは
若い。





そうです。
あれもこれもそれもどれもこれも
その理由はみ~~んな
『寂しかったから』です。





その歌をうたう意味?
もちろん気付いてるさ。





すべての歌はラブソングである。





泣くが嫌さに笑ってござる。





複雑だと本当っぽく見えるけど、見えるだけだ。
簡単だとウソっぽく見えるけど、見えるだけだ。






はたして、それぞれが「ちり」なのか、
集まれば「山」なのか。


↑これは、結語ですので。w
[PR]
by hanarobo | 2008-06-15 00:53 | 脳内

お知らせ

そもそも、






文章を書く、っていうのは、








たとえ、







ちょっとしたことでも、







集中する時間が必要です。







ここ最近、長い文章を書いていないのは、
そういう時間がとれない、というわけです。




で、




コメント欄はなぜか盛況になってきて、w




放置しがちな私にとっては
誠に心苦しい状況だったのです。(^_^;)



で、



大変申し訳ないですけど、
私のわがままで、




コメント禁止にさせていただくことにしました。




現在はエキサイトユーザーのみ記入できる設定になっていますが、
(そうしないと、最後に書いた私のコメントも見れなくなっちゃいますので)




3月中には全ユーザー禁止に設定を変えます。
(そうすると、今までのコメントも読めなくなります。ご了承ください。)




禁止、とかっていう言葉には正直抵抗があります。
せっかくのみなさんのあたたかいコメント、
いただいといて禁止だなんて!と自分でも思います。



でも、



レスしなきゃ~と思いながら、いい言葉が思いつかなくて
日にちが経ったりして、心苦しくて、、、




ま、





そんな私のわがままです。
お許しください。





で、




もひとつわがままをいえるなら、






これからも、是非ごひいきに。。。
[PR]
by hanarobo | 2008-03-09 13:51 | 日常
昨日はチャットで、ある女性と「愛って何?」という話をし、
また、ある男性と「神さまがいるか、いないか」という話をした。


あんまり面白くてうれしかったので、
それぞれの人と2時間以上しゃべっていた。
危うく、イオンの火曜市に行き損ねるところであった。



不肖はなロボ43歳。
まるで思春期のようだ。w





さて、


神さまは、いるのか、いないのか。



このことについて思うとき、
どこかで読んだこの話を思い出す。





『おばあさんと洪水』


ある村にとても信心深いおばあさんがいました。
おばあさんは、毎日神さまに一生懸命お祈りをしていました。



あるとき、その村に大きな洪水がおこりました。
おばあさんの家にも水が押し寄せてきました。


近所の村人が「おばあさん一緒に逃げましょう!」と声をかけました。

でも、おばあさんは落ち着いて、

「いえいえ、私は神さまに守られているから大丈夫」と断りました。


水はとうとう1階を埋め尽くしました。
おばあさんは2階に上がってじっとしていました。


村人が舟でやってきて言いました。
「おばあさん、この舟に乗ってください。」

でも、おばあさんはニコニコして

「いえいえ、私は神さまが助けてくださるから大丈夫」と断りました。


水はそれからもどんどん上がってきて家ごと沈んでしまいました。
おばあさんは屋根にのぼってじっとしていました。


勇敢な若者が体にロープをくくり、危険を冒してやってきて
「おばあさん、ボクにつかまってください。」と言いました。


でも、おばあさんは
「いえいえ、私には神さまがついていてくださるから大丈夫」と断りました。


そしてとうとう、


おばあさんは溺れ死んでしまいました。





天国に行ったおばあさんは、神さまにいいました。



「私は、あなたを信じて毎日お祈りを捧げていたのに
 どうして助けてくださらなかったのですか?」




神さまは答えました。




「だから、3回も助けたじゃないか。」












この話に描かれた神さまが好きだ。



私はごく一般的な、(クリスマスも初詣もするような)
宗教に節操のない、w
日本人だけど、


私のイメージしている神さまが
この話の中にいるような気がする。






そして、




ホントにいるような気がする。





あっちこっちに。
[PR]
by hanarobo | 2008-01-30 10:22 | 脳内