頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo
同じひとつの出来事なのに、
書きようによっては、苦くも書けるし、
笑い話にもできる。

でも、、、、、

笑い話に出来るのは来年あたりからかな。




やっぱり親として、
ミニロボのキモチそのままに苦く書いてみようと思う。






昨日の高岡御車山祭の縁日には、
関野神社の境内にたくさんの屋台が並んだ。
学校帰りのミニロボと私は自転車に乗って2人で出かけた。


いろいろと遊んだ後、とうとうおこづかいも残り少なくなり、
最後のひとつを決めなくてはならなくなった。


ミニロボの顔が引き締まる。ww


そして、

射的、輪投げ、スマートボール、ダーツ、と慎重に見て回り、
結局、縁日全体を3周してw
最後の屋台を決めたのだった。


ダーツ。


300円で矢が4本。
風船が木の枠から顔を覗かせていて、それめがけて矢を投げる。

風船を割るのが主な遊び方だと思うのだが、
枠外の発泡スチロールに、
マジックで書いたと思われる5ミリほどの赤丸があって
そこに『大当たり』と書いてある。

下見のとき、屋台のおねーちゃんが男の子に説明していた。
「ここに刺さったらWiiやで。」

もちろん刺さるわけない。w



ようやく縁日3周の下見が終わり、
ミニロボは使い尽くした最後の300円をダーツに賭けた。





すると…







起こるはずのないことが起こった・・・・・




赤丸に矢が刺さったのだ。




一瞬、ミニロボも私も声を失った。





「ささったやん!ほら!!
うわ=!すご=い!」



と、言ったのは私だった。
ミニロボは固まっていた。





おねーちゃんの顔を見る。




目が泳いでいる。



ゆっくりと背中を向けた。



そして、




矢を抜いた・・・・・・





年は20歳前後。
この商売は5、6年か?
呼び込みも声かけも、まちゃまちゃバリの無表情。
もう何にも動じないオトナになったはずのおねーちゃん・・・

彼女の目が泳いだとき、私は一瞬同情してしまった。
まさかこんなことが起ころうとは…w



どうする?
どうする、ねーちゃん?









「ここに2本刺さらなアカンねん。」




そらそやな。
しかし、よう考えたな。一瞬で。w





ミニロボは、特に何も言わなかった。
言いたそうにはしていたけど。


結局、1つ大当たりに刺さり、2つ風船を割って、
1つは失敗し、おねーちゃんがおまけにくれたもう1本で
もう1つ風船を割った。

そして、


はずれよりちょびっといい景品(スティッチの貯金箱)を
もらって大事そうにカバンにしまった。





帰り道。



はなロボ 「残念やったね。大当たりに刺さったのにね。」



ミニロボ 「Wiiやと思ったのに…」


はなロボ 「うーん。 ママがケンカすればよかったかな?」(笑って)


ミニロボ 「うん。」




どぼ====ん。






その瞬間、
私は深い暗闇に突き落とされてしまった…




そうか。
援護射撃してほしかったんやな。



そら、そうやんな。
ごめんな。。。。。




なんでママはあのときミニロボじゃなくて、
屋台のおねーちゃんの方に同情してしまったんやろう…



あほやなぁ。







帰宅後。
ミニロボ就寝後の夫婦の時間。



はなロボ 「あのときケンカすればよかったんやろか。」


パパロボ 「いや、それはアカン。一瞬でも同情がよぎったら。」


はなロボ 「そやろか。」


パパロボ 「無理やりテンションあげてケンカしたらアカン。それはウソや。

       いやらしくなる。


       ミニロボがそれをみて将来真似したらアカン。」


そやな。
それはわかる。


「ちょー、おねーさん、それはないんちゃうか?」と低く静かに言う、
私のセリフのいやらしい響きが聞こえるようや。



でも、、、、、



それでもやっぱり、



何か援護射撃をしてあげればよかった。





ケンカして後悔したことは数え切れないほどあるけど、
ケンカせずに後悔したのは初めてや。 

        



ママも一生忘れへんよ。
[PR]
by hanarobo | 2007-05-02 16:11 | 日常
ミニロボが部屋から飛び出してきて、
台所で洗い物をしている私のところにやってきた。

 「ママ~! すごいで。 今までCDプレイヤーのスピーカーで聞いてたら
  わかれへんかったギターの音がはっきり聴こえるねん!!
  右耳と左耳とで違う音がするねんよ!!すっごい感動した!」

大興奮。目がきらきらして鼻の穴がふくらんでる。


初めてCDプレイヤーにヘッドホンを繋いで音楽を聴いたのだ。


 「ママにも聴かせてあげる!」(得意げ)

ヘッドホン初体験のCDは「はじめにきよし」だった。


 「ほんまや。右のギターと左のギターは違うメロディ弾いてるね。
  ピアニカは真ん中で聴こえるね。」


 「そやろ?そやろ?」(鼻の穴さらにふくらむ)


この感動を伝えたい、分かち合いたい、っていう気持ちを持って
まっすぐに私のところに走ってきたけど、
この『いちばん最初のうれしそうな顔』を見られるのも
あともう少しの間かもしれないな。


ほんの数年したら、相手がカレシになってるのかな。



・・・・なんて、こっちは内心しんみりして見てたけど、


そんなことはお構いなしに
ミニロボの大興奮は続いていた。



 「な?すごいやろ?」



 「すごいわ~ ありがとう。」(^^)
[PR]
by hanarobo | 2007-03-03 01:36 | 日常

漢字検定。

ミニロボが小学校から漢字検定受験の案内をもらってきた。

「受けるん?」
「受けへ~ん。」

ふ~ん…

親としては少々かなしい。

ポケモンのダイヤモンド&パール攻略にかけるくらいの情熱が
何事にもあればなぁ…とも思う。実に思う。w
なんであれほどの集中力がほかの事に生かされないのか?



ま、それはそれとして。


フジテレビ『熱血!平成教育学院 』を見た。
うわさの漢字検定の問題が出ていた。

家族で盛り上がって答えているうち
パパロボが「はなちゃん、受けてみ~!」と言い出した。

あ、そうか!(゜o゜)


ミニロボはなんでもすぐ私の真似をする。
だから、私が漢字検定を受ければミニロボも受けるかもしれない。


「うん、やってみる!(^^)」


案の定、ミニロボも

「え~ わたしも受けようかなぁ…」と言い出した。


「え、でも一緒には受けられへんよ。
 ママ、この際一生懸命勉強して
 自分の実力よりも難しい級を受けようと思ってるから。」 

(と、ちょっとはぐらかすw)



「・・・・・・・・。わたしも受ける!
 でも、、、わたしは、自分の実力より簡単なのを受ける!」 

(そういうところが、手堅いというか、
 よっぽど勉強することがイヤなのか…苦笑)



まぁ、勉強というものは
やらんよりやったほうがよい。


国語はすべての基本だし、
漢字は国語の基礎だ。




母はそなたに学ぶ背中を見せようぞ!ww
[PR]
by hanarobo | 2006-11-13 00:44 | 日常

母というもの。

Excite エキサイト : スポーツニュース
彼は少なくとも名誉を守った。サッカーより大事なことはある」と話した。



「スポーツマンシップに乗っ取り
正々堂々と戦うことを誓います。」



ひどいことを言うのも、
それに頭突きで対抗するのも

スポーツマンシップに反する。




でも、ジダンの母は息子の気持ちがうれしかったんだろうな、と思う。




私だったらどうだろう?




やっぱり最初に怒るやろな。

「あんなことは絶対やったらアカンことや!何言われてもほっとき!」



ほんで、しゅん…ってなったら、
「でも、その気持ちはうれしいよ。」って言うねん。
[PR]
by hanarobo | 2006-07-13 17:24 | メディア

【チアー】 テルーの唄

第6回 ─ 手嶌葵“テルーの唄”をチアー&ジャッジ

>〈チアー〉もしくは〈ジャッジ〉、どちらが優れた批評であるか判断し、
>投票して下さい。この〈一票〉を明記したトラバのみをゲーム参加者と
>してカウントさせて頂きます。
>かならず対象楽曲を聴いてから〈チアー〉あるいは〈ジャッジ〉を、
>エントリーのタイトルに明記して投票してください



>>普通に聴いて感動できる素晴らしさがある。



おっしゃる通り。
チアーに一票。



この曲がかかると、周囲の音がしんとして澄みわたり
歌詞のとおりに鷹がゆっくりと頭の上を旋回する。




こんな素直な私は、宮崎アニメの良き観客だ。



映画に先行してあちこちでこの曲がかかり、そのたびに、「あ。」となる。


今日もイオンに晩ご飯の買い物に出かけたら、
電化製品の売り場の前でこの曲を聞き、「あ。」となった。


「あ。」…とは、つまり
自分でも日頃意識していないけど、確実に残っている子どもの頃の心を、
つまんでひっぱりだされたような感じ。



小さいときに

ガマンしてたこと、
さみしかったこと、
すきだったひと、、、なんかが、一緒くたになったような風がひゅっと通り過ぎる。



まさに製作者の思う壺。ww




そやけど…こういうのはどうしたってどうなるもんでもなし。
正直な気持ちやからしゃーない。ww






曲も好きだし、映画も楽しみ。




『ゲド戦記』がどれほど有名でどういうお話なのか全く知識はないけど、
うちの娘にも将来必要になる物語ではあるだろう。
今までの宮崎作品もそうだった。


宿命を前にして、
ひるまずに立ち向かい、
友達と助け合い、
ときにはユーモアも忘れずw
困難を乗り越えてほしい。

そして、

良き伴侶を見つけてほしい。



そういう、言葉では簡単に言えない親の願いを
作品という形で手を変え品を変え、子どもに伝えてくれる。



代替わりしてもそこの部分は変わってほしくない。
ぜひ日本の伝統芸能としてそのまま継承してほしいと切に願う。
[PR]
by hanarobo | 2006-07-05 16:15 | 脳内

ラブコメ。

ミニロボは放送委員。
放送室で朝の読書タイムや給食時間にCDをかけたり、
アナウンスしたりする(らしい)。

そんなミニロボの表情が曇っている。


ミニロボ 「まま~ どないしょ~ きんちょーしてドキドキする。
       今朝、私ひとりで放送するねん。
       放送室にひとりやねん。みんな用事で来られへんねんて。」
      
はなロボ  「大丈夫。ママがここから応援の気持ちを送っとくから。
        となりにママがおる、って思っとき~ 」

などと言って送り出した。





夕方、ミニロボ帰宅。


はなロボ  「で、どうだった?今朝の放送。」

ミニロボ  「結局ね~  ひとりにならなかった。」

はなロボ  「え?なんで?」

ミニロボ  「○○くん、と△△くんが来てん。」

はなロボ  「は?なんできたん?」

ミニロボ  「わからん。ほんで2人でケンカしててん。

        なんでおまえがおるが?って。

        (注:富山弁『どうしておまえがいるんだ?』の意)
        

        うるさかった~」



は、は~~~ん…

なるほど。


みなさんもおわかりですね?www



でも、まじでミニロボにはわからないらしい。



おもしろ====
かわいい========wwwww
[PR]
by hanarobo | 2006-06-30 22:21 | 日常

3日間!

月曜から本日水曜まで3日間。
3時間目から5時間目まで。(給食をはさむ)
ずっと授業参観。


保護者が自由に校内を出入りできる。(要IDカード)
どの授業を見てもいい。
給食配膳やそうじも見てもいい。


で、


親バカな、はなロボは
毎日小学校に出かけていましたとさ。w
出直して2回も見た日もありましたとさ。ww


ミニロボは振り向いて私がいるのに気づくと
照れてちょっと笑う。



私がこないときも
きっと振り向いてるんやろな。



授業が終わるとお友達がミニロボに
「毎日お母さんがきていいなぁ~」って言っていた。


ミニロボはまたちょっと照れて笑った。
[PR]
by hanarobo | 2006-06-14 21:36 | 日常