頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

わ=い!

ここって中学でも


給食があるんや=!



やった=!
富山ありがとう!!




引っ越してきてよかった。。。。(しみじみ)
[PR]
by hanarobo | 2008-02-08 18:04 | 高岡の大阪人

私にさえもある美意識。

人がその価値観を、他の人に強要する行為というのは、


ダサい。



…と思っている。





だから、



「親」って恥ずかしい。w





「躾」ってものすごく恥ずかしい。ww






それでも、躾けている。






大人をちゃんとやろう、と思う。









ミニロボが反抗してきたとき、
ちゃんと胸を貸してやれるように。
[PR]
by hanarobo | 2007-12-18 14:27 | 脳内

わたしの仕事。

うちのインターフォンにはカメラがついていて

ボタンを押した人の顔が映るようになっている。






ミニロボが毎夕帰ってくるとき、



そのカメラに映った顔をみると、




だいたい何があったかわかる。






楽しかった日はもちろん、



フツーの日も、
イヤなことがあった日も、





その一瞬の白黒画面でわかる。






だけど、


最近は、隠すようになった。





それもわかる。w





感情をただただ外へ表現するだけではなくて
ミニロボのプライベートエリアになってきたようだ。



ちょっと前、



「どうしたん?何かあった?」って聞いたら、
0.00005秒ぐらいの不自然な間があってw



「階段でつまづいてん。」とヘタな嘘をついた。







昨日の晩、

「ママに心配かけたくなかってん。だから言わへんかった。」って
泣いて話してくれたけど。







でもな、そんときも言うたけど








心配するのが親の仕事やで。


(^_^)







今日は立山がきれいに見えた。
3年目の冬が来た。
f0103693_16234720.jpg

[PR]
by hanarobo | 2007-12-06 16:30 | 日常

笑っちゃいけない。

まだ体調が悪いので、
外出もせず、

ニコニコ動画を見て過ごしていた。







そこで、絶望的に面白いもの(?)を発見。








人の名前を笑っちゃいけない…とはいうけど
f0103693_16331399.gif

http://www.nicovideo.jp/watch/sm579488



生まれて最初の災難が
親からもらった名前だなんて… (-_-;)






http://www.nicovideo.jp/watch/sm875707
http://www.nicovideo.jp/watch/sm509738



負けるな、子どもたち!(/_;)
[PR]
by hanarobo | 2007-10-12 16:34 | メディア

無事帰還。

空気がカスカスだった~
 なんていったらいいんかな~
 穴ぼこチーズみたいに中身が抜けてるねん。
 でも、こっちの空気は重いねん。

 山の上の空気はカスカスやねん。
 吸っても吸ってもカスカスやねん。」


真っ黒になって、
へとへとになって帰ってきたミニロボ。
みやげ話が止まらない。w


「先生が、
『おまえら一生分の運を使い果たしたんちゃうか?』
 って言ってた。

 だって、

 天気が良くて360度見渡せたし~
 雷鳥の親子が見れたやろ~ ほんで
 すごーい小さかったけど富士山も見えた!

 それに

 雨具を使わなかったし~
 体調が悪くなった子もいなかったし~
 だから全員が登れたんやで=!!

 先生は立山登山19回目やねんけど、こんなに全部そろった事は
 一度もなかったんやて。すごいやろ=」
 

大興奮!(゜o゜)


だけど、ママは無事に帰ってきてくれたことが
一番うれしいです。


だってほんとに心配しててんで。


f0103693_1763111.jpg

ね?
心配でしょう?
ここにお参りするんです。
岩場をよじ登って。





f0103693_1771447.gif


立山の神様、無事帰してくださってありがとうございました。


おめでとう!ミニロボ!
おめでとう!みんな!!
[PR]
by hanarobo | 2007-08-03 17:10 | 日常

立山登山。

大阪の修学旅行は『お伊勢参り』と決まっていた。


こちら、富山では『立山登山』。





ミニロボたち、富山の小学6年生はこの山に挑むのだ!
f0103693_1136292.jpg



この日のために、毎日毎日
小学校で体力づくりトレーニングが行われた。




今日はいい天気!



がんばれミニロボ!



がんばれ、みんな!!
[PR]
by hanarobo | 2007-08-01 11:39 | 高岡の大阪人
夏休みが始まり、


ミニロボは家でじっとしていない。



さっきも自転車で出かけていった。
友達と待ち合わせ。




小さいときは、小さいから心配で、

大きくなると、大きいから心配だ。




6年生なのに、小さくて、


小さいかと思うと生意気で、


そのくせ何かあるとすぐ泣いちゃう。




自転車置き場から自転車を出して、
出て行く姿を見てると、



細っこい首と肩が
なんともたよりない…



でも本人はいつも、
自信満々だ。




世界は大きく手を広げて
わたしを待ってるのさ!





、と思ってる・・・・・か?







まぁ、とにかく…










がんばれ。 (^_^)








そして、





宿題もわすれるな。w
[PR]
by hanarobo | 2007-07-23 13:44 | 日常

その場でいえない。

PTAの理事会があった。
そこで

先日行われた運動会についての意見交換がなされた。
白熱するか、と思われた。

…というのも、
大雨の中、強行されたからだ。

案の定、
「あの大雨の中、なぜ強行したのか?」
「雨だけでなく、雷も鳴っていたのに、なぜ?」と
いった質問が出た。


運動会は半袖、半ズボンを指定されていた。
低学年の子は震えていた。
心配だった担任の先生は腕をさすってあげていたそうだ。
そういう話もでた。

我が家では、ミニロボは熱を出し、
私は百日ぜきにかかった。^^;


校長先生の答え。
 「当日『校長はいるか』と尋ねてみえた方がいたようです。
  でも私がテントの外に出て濡れながら児童の演技を見ているのを
  ご覧になって帰っていかれたようです。
  (中略)
  あの、雨の中、先生方やPTAの方々が、一生懸命スポンジで
  グラウンドの水を吸い取って下さったおかげで、なんとか
  終えることができました。児童にそういう姿を見せられた、
  ということはいい教えになったと思います。

  あの雨の運動会でないと経験できないことでした。」


「ん?」と思った。


耳障りのよい言葉で、美談を語っておられるようだけど、
心にひっかかった。


でも、その場ではどこに引っかかったのか自分でもわからない。
こうして、家に帰ってはじめてわかった。


必要のない自己犠牲を、
やんわりと肯定して、
美談にしている。


って、ことだ。


そこが私にはキモチ悪かったのだ。



なぜって、

開会式の時点でもう大雨だったのだから。
翌日は予備日だったから延期すれば問題ない。


午前9時の開会式で、ざんぶりと濡れた子どもたちは
着替えもせずに、
そのまま午後3時まで風雨にさらされた。


確かに先生方やPTAはスポンジでグラウンドの水を吸った。
風雨の中。

その姿は子どもたちにどんなメッセージを残したのだろう。

校長先生が思っておられるように『先生や親の姿に感謝』を
感じた子が大半かもしれない。

だけど。



(ひねた)小学生時代の私なら、
『上の決定は絶対だ。』という大人の世界の
悲哀(?)を感じただろう。w





あ~ その場でうまいこと言えればよかったのに。
いつもその場では自分の中の「ん?」をうまくつかめない。


いまここで書くのは卑怯かもしれないけど、
もし、あのとき「ん?」の中身がわかってて、
校長先生に一言言えるなら、こういいたい。



「同じ状況になったら、
 また運動会を強行しますか?」
[PR]
by hanarobo | 2007-06-21 22:33 | 脳内

蜜月。

日曜の朝。

パパが先にベッドから出た。
私は起きようか、ばっくれてまた寝るかw
迷っていた。


と、そこへミニロボ。




ベッドにもぐりこんでくる。

で、


私の細いw
腕枕でしゃべりはじめる。



ミニロボ 「ママ~ 私生まれ変わったらハトになりたい。」

はなロボ 「え、なんで。」

ミニロボ 「ハトだったら人間に撃たれたり、
       他の鳥に捕まったりせーへんやろ?」

はなロボ 「香港の人はハト食べるで。」

ミニロボ 「え゛!」

はなロボ 「ハト料理ってあるで。」

ミニロボ 「え=! ほんなら、白鳥になりたい。白鳥やったら天敵おらへん?」

はなロボ 「う~ん… どうかな? しらんわ~」

ミニロボ 「とにかく空飛びたいねん。」

はなロボ 「そうやと思ったけどw  ほな、虫とかは?」

ミニロボ 「ちょっとイヤ…」

はなロボ 「はははは」


ミニロボ 「そうだ!(゜o゜)   キト! キトがいい!
      大事にしてもらえるもん。」


はなロボ 「トキや。それ。」





こんなのがいつまでつづくやら…
[PR]
by hanarobo | 2007-05-20 18:24 | 日常

思春期のキミへ。

「ママのときはどうだった?」っていつも聞くけど、
そんなのは参考になりません。

キミはキミで、まずやってみてください。

うまくいけばそれでいいし、
失敗しても何か残ります。


「ママは、なんでそんなんなん?」っていつも言うけど、
ママにもわかりません。

ママは、矛盾だらけです。
いいところもあれば、悪いところもあります。


真面目なのに、不真面目だし、
きっちりしてるのに、だらしなくて、
我慢強いのに、衝動的です。

それに

ストイックなのに、エロいし、
かしこいのに、アホで、

孤独が好きなのに、
さびしがり屋で、

男前なのに、女々しくて、
暑がりで、寒がりです。



自分をどう使ったらいいのかわからない青春を過ごして、

これまた、

矛盾だらけのパパと出会って、




2人で大人のフリをして生きています。




だから、



キミも、


せいぜい悩んで、




泣いて、
笑って、



思いっきりやってみてください。



振り返ったらパパとママがいるから、


大丈夫。




(^_^)
[PR]
by hanarobo | 2007-05-08 12:17 | 脳内