頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo
43にもなって、いまだに「はっ!」と気付くことがある。



バカだ。





さっき気付いた。





私は、『分かち合う』ということを欲していたんだ。
愛情に関して。



いやいや、食べ物とかお菓子とかそういうものを
分けてくれ、というのではなく…w




『経験を分かち合う』っていうこと。




簡単に言えば、

一緒に、映画を見るとか、夜景を見るとか、、、
そんな細かいこともそうだけどw




もっと大きくて、

相手と付き合っている期間をすべて『分かち合う』ってことだ。



私はそういうタイプの人間なのだ、ということが
さっきわかった。



だから別れるとき、
その期間がごっそりと抜け落ちるような感覚に襲われたのだ、と。




だけど、




だけど、世の中には私とは違うタイプの人がいる…
ってことにやっと気付いたんだ。






一緒にいても、その経験を分かち合っているわけではなく、
経験は各々のものだ、という前提がゆるぎない人。



一緒にいて、同じものを見て、同じものを食べる幸せを


そんなに、っていうか、



全く、大事には思っていない人。




こっちが、「おいしいね。」って言っても、
それは私の感想。

自分がおいしいと思うかどうかは別の問題。



顔を見合わせてにっこり笑う、なんてことの意味は理解してもらえない。
一緒に暮らしても、交じり合わない時間が過ぎていくだけ。





そういうタイプの人がいるのだ。




母がそうだった。




だから、私は



母が亡くなっても一粒も涙が出なかったのだ。




一緒にいても
気持ちが一緒だったことがなかったから。



他人よりも遠い存在だった。




母と一緒にどこへ行こうが、何をしようが、
別々の時間が流れていた。





思春期になって、



母になにか悩み事を言うと、

解決方法を2、3挙げ、




私がまだ悩んでいると、

イライラして話を切り上げた。






あのとき私がして欲しかったのは



「そりゃしんどいねぇ。」って、


気持ちに寄り添ってもらうことだったんだ。






今、



思春期のミニロボと向き合うとき、



あの頃の自分がオーバーラップする。







ミニロボを育てながら、



自分を育てなおしているように思う。
[PR]
by hanarobo | 2008-05-30 11:38 | 脳内

兼六園。

運動会の振り替え休日とパパの代休が重なったので、


ちょっと足を伸ばして親子3人で兼六園に行って来た。



それにしても外国の人が増えたなぁ~
あっちこっちでアジア系の外国人の団体とすれ違った。



でも、「お!」と思ってカメラを向けるポイントは、
世界共通みたい。w


f0103693_17371019.jpg




でも、同じような顔してるのに、
立ち振る舞いが日本人と微妙に違うんやよなぁ~





そういえば、



昔ともだちが言ってたけど、
くしゃみで見分けられるんだって。



「はっくしゅん!」またはソレに近いようなくしゃみは日本人。

「あちゅー!」って言うのが中国人。




いや、、、



聞いた話だから。ww
[PR]
by hanarobo | 2008-05-26 17:37 | 日常
案の定、中学数学はミニロボには手ごわいようだ。


『減法』という単元で、となっている。



5-(-3)=8


この理屈がわからない。



わからないままに機械的に計算するのがイヤだ、という。




ミニロボの通う公○式の塾の先生に聞くと、

「理屈を考えるのは、もっと先でいいのよ。
 何も考えずに練習していきなさい。」



と言われたそうだ。




御意。




だから、言ったんだよ、私は。w







数学に関しては、パパロボの担当なので、
私は一言も口を挟まない。





北海道出張から帰って来たばかりのパパロボが、
たいそう疲れているにもかかわらずw

ミニロボに教えた。



こういう風に。

f0103693_17584670.gif

f0103693_1759264.gif

f0103693_17591833.gif

f0103693_17592812.gif




ミニロボは、なんとなく、、、わかったみたいだ。





そして夜、





夫婦の時間。


パパロボ 「足し算引き算はあれでええけど、」

はなロボ 「うん。。」


パパロボ 「問題は、掛け算やな。」


はなロボ 「?」


パパロボ 「マイナスかけるマイナスはプラスや。」



はなロボ 「うん。。。」(このあたりからすでに眠くなっているw)



パパロボ 「つまり、マイナス3つのものが、マイナス2つあると、」

はなロボ 「うん。。。。」

パパロボ 「なぜか、6つになる。」

はなロボ 「。。。。。」

パパロボ 「これを説明するのは結構むずかしい。」

はなロボ 「zzzzzz」


パパロボ 「こら、寝るな!(`□´)/」

はなロボ 「ちょうどええ具合に眠くなったのに。。。」

パパロボ 「まだ今は出てきてないけど、
       ミニロボはまたきっと考え込んでしまうやろう。」

はなロボ 「うん。。。zzzz」






だから、





言ったじゃないか。





つべこべ言わずにやれ! (`□´)/


とにかく前に進め、ミニロボ。


考えるのはそれからだ。
[PR]
by hanarobo | 2008-05-16 14:58 | 日常
ミニロボと。
Part2



『帰って来たヨッパライ』
http://www.stickam.jp/video/178161531





がんばれ!オレたち!www
[PR]
by hanarobo | 2008-05-12 18:16 | 成果

『コーヒー・ルンバ』

ミニロボと。




『コーヒー・ルンバ』
http://www.stickam.jp/video/178161538




ぶっつけ、やっつけ。w
[PR]
by hanarobo | 2008-05-12 18:12 | 成果

ヒスイ海岸

朝日町のヒスイ海岸に行って来ました。



ここは、文字通り『翡翠(ひすい)』が採れる海岸です。



…というわけで、






このようにたくさんの方が採りにきます。
f0103693_16233057.jpg








我が家も例外ではなく…
とくにミニロボは熱心です。w
f0103693_16243318.jpg







で、海辺のお店の一角で、
翡翠かどうか鑑定してもらえるのですが、、、


はずれ。w




そのお店の人の話では、

この日、お店と海を5往復(!)して、見事、翡翠を見つけ、

ペンダントに加工してもらった人がいたそうです。





この海岸のどこかにあるんだねぇ…
f0103693_16271848.jpg







海で遊んだ後は、





「なないろKAN」の喫茶店で休憩。


f0103693_1630343.jpg




晴天続きのGWだったのに、
この日だけ天候に恵まれなかったけど、、、





日焼けしなくて「よかった。。。」と密かに安堵した
はなロボでした。w
[PR]
by hanarobo | 2008-05-05 16:13 | 高岡の大阪人

桜中継。

高岡古城公園で、
ミヤネ屋の桜中継をしていた。

f0103693_21275127.jpg



たまたま、
ミニロボの中学校入学式の日だったので、
パパロボもお休みをとっていて、

家族3人でぶらぶらと散歩がてらに冷やかした。w


ちらっと映った。
わ=いw






高岡開町400年のキャラ「利長くん」
f0103693_21312544.jpg

「くんづけしてええんですか=?」と宮根さんに突っ込まれていた。w
[PR]
by hanarobo | 2008-04-08 21:33 | 日常

筍づくし。

たけのこ料理を食べてきました。
いわゆる「筍づくし」というやつです。


ミニロボも大きくなってようやくこういう食事も
楽しめるようになってきました。w


さて、


お料理は1品ずつ出てくるのですが、
とくに説明はなく、、、みなさんお忙しそうで、、、ww

聞くのも野暮なので、聞きませんでした。
ですので、私の推測で書きます。ww



つきだし
穂先のマヨネーズあえ
f0103693_20515673.jpg





煮物
f0103693_2052153.jpg





てんぷら
f0103693_20523782.jpg





刺身(!)
f0103693_2053251.jpg





焼きたけのこ
たけのこご飯
お味噌汁
f0103693_20532628.jpg






お店。
f0103693_20534721.jpg

みんなおいしかったです。
ごちそうさまでした。




帰り、氷見の雨晴海岸に立ち寄りました。




義経岩の背景に立山がうっすら見えてとてもキレイ。
f0103693_219647.jpg




…と思いつつ、
家族でぶらぶらと海岸を散策していると。。。




ややっ!
f0103693_21103323.jpg

ほたるいかが打ち上げられているではありませんかっ!



でも、なんで?



そばにいた、見知らぬおじさんが、
「産卵した後のイカっちゃ。」と。








切ない海風が吹いていく春の午後でした。
[PR]
by hanarobo | 2008-04-05 20:38 | 日常

ある風景。

夕食時。


はなロボ 「ねぇねぇ、パパ~

       ミニロボがさ、とうとう『箸が転んでもおかしい年頃』になったで。

       ほんま、何でも笑うで。」




ミニロボ、既に笑っている。




パパロボ、ニコニコしている。 
      


はなロボ 「あ!落ちた!!」と、箸を茶碗から落としてみる。




ミニロボ、げらげら笑う。




はなロボ 「あ゛ 転んでる~!!ああっ!!」と、箸をテーブルで転がす。




ミニロボ、体をよじって笑う。




はなロボ 「な? ほんまに箸が転んでも笑う、やろ~?」





ミニロボ、笑いが止まらない。




はなロボ、調子に乗って何回も箸を転がす。

「ああっ!!なんでや!なんで箸がっ!!」





ミニロボ、まだ笑う。涙を流して笑い続ける。






若いっていいな~
[PR]
by hanarobo | 2008-03-24 22:44 | 日常

膝カックン。

もちろん、



皆様方お察しのとおり、






私は家族を愛してるし、



それどころか、






いい家族だ=!




…とさえも、思ってる。




ところが。








ある日帰ってきたら、

玄関先に2人組の男性が立っていた。



これまたお察しのとおり、
宗教関係だ。。



彼らは満面の笑みを浮かべてこう言った。


「スバラシイ家族がいると聞いてやってきました。」



不意を突かれた私、

大爆笑。







はて、




この笑いは何だ?




いやいや、自嘲じゃないよ~たぶん


うちはスバラシイんだよ、実際。w





よくわからないけど、
すごくおかしかった。>スバラシイカゾク
[PR]
by hanarobo | 2008-02-26 19:29 | 脳内