頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

不思議な出来事

実は、先週1週間ずっと右手中指が動かなかった。
曲がらない。力が入らない。そして痛い。



だからグーにしようとすると、中指だけ残ってしまい、
アメリカ人を侮辱するサインになってしまうのだった。まずい。



右手は利き手なので、なんにもできない。
そのうえ熱も出たので、いつもうつらうつらと寝たり起きたり。

家事ができない。
もちろん車も運転できない。
服を着替えるのも大変。
ギターもウクレレも弾けるわけがない。


やばいなー
何なんだろう、これ。


なったのが休日だったので医者にもいけず、ネットで検索。
どうやら「関節リウマチ」らしいな、と。
症状・好発年齢もバッチリ当てはまる。


それで、休み明けにリウマチ科のある病院にいき、検査してもらった。
検査結果が出るまで1週間。


その間にも、指のこわばり、痛みはひどくなっていった。


何かのバチか、誰かの呪いかw




何というか、観念した、というか、もともと執着がなかったというか、
手が使えなくなる恐怖よりも、深いあきらめの気持ちがあった。

「もう46年も使ってきたんだし、しょうがないや」みたいな。



ただ、家事ができないのは家族に申し訳ない。
左手を利き手に変える訓練するしかないなーと。



それにMINIもギターもウクレレも売るかな、とかw


そんな風に、
動かない右手とつきあっていたある日。



湯船につかってぼんやりしていたとき
ふと思い立って右手の中指に話しかけてみた。


「長いことようがんばってくれたなー、ありがとうな。疲れてんなぁ。
今までえらいよう働いてくれてありがとう。」


すると、翌朝。



突然、指が動くようになっていた。



あれだけ、「痛てててて。。」と毎日苦労していたさまざまなことが
急にできるようになり、

熱も下がり、体も軽く、サクサク動ける!



その2日後に出た検査結果も「リウマチ因子なし」。


一件落着。
また普通の日常生活がスタートしたのだった。




でもあれはなんだったんだろう?

そして


右手中指は私の話を聞いてくれたんだろか?
[PR]
by hanarobo | 2011-02-27 19:01 | 日常

ファンシー(笑)

泡盛の名前です。






請福ファンシー
f0103693_1632151.jpg



近所の酒販店で見かけたので数年ぶりに買いました。
なぜか花粉症に効くと有名です。




今夜から試してみます。。。
[PR]
by hanarobo | 2010-02-06 16:35 | 日常
そろそろ退院して1ヶ月になろうかというこの頃。


本当は、先週にすべて解禁になるはずが、
へそのせいで、まだスッキリとしない。



ていうか、もうすでに禁を犯したものもあるけど。(謎笑)





あ、でも、




へそから出てきた第2の糸は

ポロッっと取れた。


赤く腫れていたでべそが、みるみる小さくなって、
触っても痛くなくなった。

これまた人体の不思議。



パパが 

「へそが、いらんものをペっと吐き出したんやな。」と言った。



ペっと吐き出された糸には、大きな結び目がついていた。
こんなものが皮膚を突き抜けて出てくるなんて、
パパの言うように


へそに意志があるとしか思えない。w






一人で買い物に行った。


退院後、昨日が初めてだった。





パパがたいそう喜んでくれた。



っていうか、
もう仕事の帰りにスーパーに寄らなくていい自分を喜んでいた。w






でもまだ100%元に戻ったかというとそうでもなくて、
買い物に30分以上かかると、
立ち動いているのがつらくなってしまう。



あと、


重いものは買えない。
持って帰る自信がない。



だから、



短時間にちょびっと買って
さっと帰る、って感じかな?今は。




前は「お客様感謝デー」に山のようにまとめ買いして
階段をガーって登っても全然平気だった。




まだまだ助走期間。







長いな~ってじれったくなるけど





これが終わったら



前よりも高く跳べそうな気がする。
[PR]
by hanarobo | 2009-07-04 06:43 | 日常

またかよ。

また、おへそから糸が出てきた。
ほんのちょっと先っちょが見えている。



なんだよ~
またかよ~~~


いいかげんにしてくれよ~




たまたま診察日だったので主治医に見せると、
またイソジンで消毒してゲンタシン塗って終わり。




「あの~ また糸が顔を出してるんですけど。。。」


「あー ほっといて、それで取れたらそれでいいし。」


「はぁ。」



それが昨日。






さっき自分でガーゼ交換してるとき、
糸が伸びてるのを発見。

昨日が0.1mmくらいとしたら今日は3mmくらい出てる!




伸びてるよ~
いいのかよ~






しかも、



よく見るとまた結び目がある。。。

これが自然にポロってとれたとして、






お腹がほどけちゃうじゃんかよ~~~~(←そんなこたぁナイ)






生涯に2度も
へそから糸を垂らすとは思わなかったであるよ。w
[PR]
by hanarobo | 2009-06-30 11:11 | 日常
術後約1ヶ月。




手術痕から、糸の結び目がポコン!と飛び出した。




これは普通のことなのだろうか?
ヤバイのだろうか?





実は、糸が飛び出してきた手術痕というのは、おへそである。
そこから腹腔鏡を入れて手術した。




そのおへそが、


先週から徐々に盛り上がり、
とうとうでべそになった。






私は娘に


「おまえのかーちゃん、でーべそー!」

と、へそを見せ、2人でぎゃははははと爆笑していたのである。(←バカ)




そして昨日。

そのでべそから、糸の結び目が飛び出したのだ。





娘に見せると、


「ぎゃ== グロ~~~い! 見て後悔した。」






パパに見せると


「病院に行きなさい。」



そういう訳で病院へ。





お医者さんに、糸の飛び出たへそを見せると、

険しい顔になった。


なにそれこわい。




「消毒!」と看護師さんに指示を出す。


「イソジンでいいですかっ!」


「イソジン? アレがあるだろう、アレ。えっと。。。」


「イソジンしかありません!」


ということで、イソジンを塗られる。


そして飛び出た糸の結び目を、ピンセットでつまんで引きちぎった!


「痛ててて。。。。」


看護師さん、私の顔をみてやさしく微笑む。

惚れてまうやろ=!(←ウソ)





「あの。。。どの時点でここにくればよかったんでしょうか?」



「なんかへんだな?って思ったらだね。」



「それだったらずっと前です====(泣)」


と言ってたら、ゲンタシンを塗られて
でっかいガーゼを乗せられ

十文字にテープを貼られた!

なさけないよ~~(泣)




「あの~先生。なんかひどい状態になってしまったんでしょうか?」

「いや、ひどいってことは。。。w
 おへそはうまく合わさらないケースが多いんです。
 でもちゃんと引っ付きますよ。」


「この先、私はでべそになってしまうんでしょうか?」(←いちばん聞きたかったこと)


「いや、ならんでしょうwww 大丈夫。」



ほんまですかっ!!


と、先生の肩を揺さぶりたくなる気持ちを抑えながら


「ありがとうございました。」と診察終了。





今日から風呂禁止。シャワーのみ。
朝晩ガーゼを取り替えて軟膏を塗る。




f0103693_21211989.jpg

[PR]
by hanarobo | 2009-06-24 21:32 | 日常

抜けていく

5月26日から、今日まで、




コーヒーも、アルコールも飲んでいない。

っていうか、欲しくない。






朝は6時に起き、
夜は9時に眠ってしまう。(あとはパパ任せw)






肌がきれいになった。w
[PR]
by hanarobo | 2009-06-12 11:42 | 日常

文字通り

ミニロボが倒れてしまった。




比喩ではなくて
ほんとうにバッタリと倒れてしまった。


私が退院した翌日に。







下校時しんどくなり、しゃがみこんで立てなくなった、と
学校から電話があった。





お医者さんによると
風邪でもインフルエンザでもないとのことで


なんだかわからないけど、
心身ともに、

へとへとに疲れてたみたいで、






帰宅後、すぐベッドに入り



15時間 眠り続けた。
一度も目を覚ますことなく。





しっかりしなきゃ、と気張って疲れてたのかな?










今朝は、元気に学校に行った。
[PR]
by hanarobo | 2009-06-10 09:53 | 日常

ロングバケーション

一日中パジャマを着て、




上げ膳据え膳で、





ベッドで、ごろごろして





たまに、散歩する生活に、






行って来ますw






旅の友

Hi land,Hard rain : Aztec camera
caramel milk ~the best of chara~ : Chara
タイニイ・バブルス : サザンオールスターズ
恋恋風歌 : つじ あやの
Viva La Vida Or Death And All His Friends : Coldplay
Parachutes : Cold Pay
ヒーのワルツ : ふちがみとふなと
Dig Out Your Soul : Oasis
Sing-A-Longs and Lullabies for the film Curious George : Jack Johnson
Little feat : Little feat
Montage : YEN TOWN BAND
The Dream Of The Blue Turtles : Sting
[PR]
by hanarobo | 2009-05-26 09:00 | 日常

恐怖と好奇心の間。

来週の今頃は、


私から臓器がひとつなくなっている。。。。




そう思うとへんな気持ちだ。





手術は怖いけど、



そのあと身体が軽くなるような気もする。
重量的にも精神的にも。









27歳のときに、盲腸の手術を受けた。



あの時はずっと熱があって
風邪だと思って放置していたら、


即入院して即手術だった。


いろいろと考えてるヒマなんてなかった。





5歳のときの手術は、

赤ちゃんのときの事故の後遺症をなくすためのもので、


つまり、


右手の親指が動かなくなっていたのを
動かすようにするための手術で、



親には事前に何も言われなかったような気がする。





っていうか、怖かったとかどうだとか、
何も覚えていない。




目が覚めるとベッドの上にいたことだけを覚えている。
タイムスリップしたようなへんな感覚だった。



手術後しばらくして
指が動くようになると、


動くということがいかに便利か、ということかが、わかった。

かといって、

それまで不自由していたかというと、
全くそんなこと思っていなかったけど。w




とにかく、5歳の私は、



事前に手術の恐怖を全く想像することなく、
術後のタイムスリップを経験しただけで、

こっち側に戻ってきた。








今回も全身麻酔で手術する。

でも今度は、




寝てる間に臓器がひとつなくなっているのだ。






ひぇ~と思ったり、

どんなんかなぁと思ったり。w






でも、できれば、








あれこれ思い悩まず、


動じず、




例えるなら




デューク東郷のように、
f0103693_12574468.gif

いつもクールでいたいものだ。














こっちじゃなくて。w
f0103693_1258348.jpg

[PR]
by hanarobo | 2009-05-21 13:06 | 脳内


ときどき咳がでます。(ヒノキの花粉症です)



関西人です。(でももうずっと前からここに住んでます)








だから


こわがらないでw




その都度、説明するわけにもいかないので
マスクをして出かけたら私だけやん!




悪目立ち。w
[PR]
by hanarobo | 2009-05-18 23:45 | 日常