頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

すべてのAくんへ

とうとうお別れの日になりました。
せっかく仲良くなれたのに残念です。

いろんなお話をしましたね。
一緒にいっぱい笑いましたね。


 でも寂しそうなときもありました。
そんなお話をしするとき、Aくんの声は悲しそうでした。


だからすぐに先生はAくんが寂しがりやさんだとわかりましたよ。


寂しいことが多いから、
ほんのちょっとでも楽しいことがあるとうれしそうでしたね。
先生はAくんの笑顔を見るのが好きでした。



 また先生は、Aくんが悩んでいることも知っています。
コンピュータ室の椅子でうなだれて
「どうしてオレは人と違うんやろ?」
とつぶやいていましたね。

 本当はいい子なのに、ついルールをやぶってしまうので
人に誤解されやすいことを、先生は残念に思っています。

 いつか先生がAくんに
「怒られるのが嫌なんやったら、怒られへんようにしたらええやん。黙ってじっと座ってたら怒られへんで。」
と言うと
「それができたらねぇ。。。」
と、半分ひとり言のように答えてくれたのを思い出します。

 もしかしたら
『みんなのように、じっとできないのを一番不思議に
思っているのはAくんのほうじゃないかな?』
先生はそう思いました。
そしてもっとずっと一緒に悩んであげたかったなと思いました。


でも大丈夫。


校長先生はじめ、担任のB先生はもちろんのこと、他の諸先生方も
みんなAくんのことを気にかけてくださっていますよ。


だからしんどくなったときは先生方に「しんどいです。」と
正直な言葉でお話してみてください。

きっと時間をつくって「どんなことがしんどいの?」と
聞いてくださいます。



そうそう、もうひとつ教えてあげたいことがあります。
先生は昔スペインを2週間旅行したことがあります。

知っているスペイン語はたった3つだけ。

それは

「こんにちは(オーラ!)」
「ありがとう(グラシアス)」
「トイレ(セルベシオ)」


でした。

 知らない土地で一番困るのはトイレをしたいときです。

そんなとき「オーラ!。。。セルベシオ?」などと
困った顔をして聞くと現地の人たちは親切に教えてくれました。

そして「グラシアス!」と笑顔で言うと
向こうも笑顔を返してくれました。


 このようにして2週間、身振り手振りと
3つの単語だけでなにも不自由しませんでした。


でもこれはきっとスペインだけのことではありません。 


日本にいても「こんにちは」と「ありがとう」は大事な言葉です。
(もちろんトイレもね。006.gif


人と会ったときにはあいさつする。
何かしてもらったときはお礼を言う。


これができるかできないかで、
人のAくんに対する接し方がまったく変わりますよ。


最後になりましたが、
Aくんにはいいところがいっぱいあります。


 少しだけ言うと、一番はじめに、
『心がやさしいところ』、

そして次に、
『おもしろいことをいつも探しているところ
(好奇心がある、という言い方もします)』


 それと、
『大事なことはなにかということがすぐわかるところ
(ポイントをつかむ力がある、という言い方もします)』

です。


ぜひ、いいところを伸ばしてください。


 そして大人になって家庭を持ったら、
Aくんが今「こんなお父さんだったらいいな」と願っているような
お父さんに自分がなってください。


そして休みの日には朝から晩まで子どもと一緒に遊んであげてください。
Aくんはきっといいお父さんになると思います。


先生はそう信じていますよ。




ではまたね。
[PR]
by hanarobo | 2011-10-02 12:14 | 日常

遅くなりました。

東日本大震災で被災された皆様にお見舞いとお悔やみを申し上げます。


世界中から「がんばれ、がんばれ」と励ましの言葉が
届きますが(それはもちろん有難いのですが)



私は不自由な暮らしをされている皆様に
「がんばれ」なんて言えません。



今は、私たちががんばりますから、
まずは心と体を大切になさってください。



この言葉を、ここに書くのに3週間もかかってしまったことをお詫びします。



[PR]
by hanarobo | 2011-04-02 19:36 | 日常

えらいことですわ。

と、同級生の年賀状の添え書きに。



おや?

赤ちゃんが生まれてる!(゜o゜)
がんばれよ~w






また別の同級生は、
孫が生まれてる!(゜o゜)
うらやましいなぁ~






われら45歳。w
[PR]
by hanarobo | 2010-01-03 14:44 | 日常

根底にある悲しみ。

「ユーモアの根底には悲しみがある。」と、

昔、誰かが言ったらしい。
日曜日に、たまたまつけたTVで出演者がそう言っていた。






今日、ふと思い出し、
原典を検索した。



The secret source of humour itself is not joy, but sorrow.
There is no humour in heaven. [Mark Twain]

ユーモアの根底にあるのは『喜び』ではなく、『悲しみ』だ。
天国にユーモアなんかない。 [マーク・トゥエイン]   

訳:はなロボ




やはり原典をあたると、
TVで聞いたのとは、ちょっと違って、
皮肉も利いている。w





検索していた過程で、
こういうのが引っかかった。






母親が嫌いです - BIGLOBEなんでも相談室

> 心理学では、怒りは感情の蓋(ふた)と言うそうです。
>
> その怒りの更に奥に、あなたの本当の感情が隠されてるのです。
> お母さんにわかってもらえなかった、という、悲しみや寂しさです。
> そのような悲しみや寂しさ、と言う感情が あなたの根底にはあります。








・・・・・。


















・・・・・。


















まいりました!



〓■● バタッ












根底にある『悲しみ』。








結局、





人というのは、それに蓋をしないと生きてゆけない。




蓋が、



ユーモアであろうが、怒りであろうが




同じことなのだ。
[PR]
by hanarobo | 2008-09-09 20:25 | 脳内

冒涜。

「あのとき、私は あきれてなーーんにも言えなくなっちゃったのよ。」

電話の向こうの彼女は言った。







難しい言葉を使って、自作の曲を作り、歌っている男友達と、
やりあったらしい。





その核心部分。








「あんたさ、自分も意味がわかってないような言葉使って
 曲作るなんて、そんなの『言葉』に対する冒涜じゃない!








・・・・・。















「ボートクって、、、何?」









「ありがち====www」(はなロボ大爆笑)




「あいつさー

冒涜って言葉さえも知らなかったのよ。
きょとん、としちゃって。
ただ難しい言葉使ってみたいだけの子どもとおんなじ。

話になんないわ。














相手と一緒に乗っかっていると思っていた土俵が、
そこになかったとき、



人は脱力する。。。。









遠いな~~~
[PR]
by hanarobo | 2008-09-09 01:35 | 思い出

立体 はなロボ!!

禍福はあざなえる縄の如し。




モノが壊れまくりの我が家に、
すてきなプレゼントが届いた。




f0103693_13513380.jpg

制作したのは、ダーク五郎さん。



早速、Stickamでお披露目ライブをした。
f0103693_13593498.jpg




来られたゲストは皆、
イラストだった はなロボが、そのままのイメージで
立体になっていることにとても驚いていた。

でしょう?、と私も鼻高々だ。(貰っただけなのにw)



夕方になり、
パパロボとミニロボが帰ってきて、
鑑賞会をした。w


はなロボフィギュアを
食卓の真ん中において、
私が手で回しながら「な、すごいやろ=!」と。ww



そうそう、はなロボには背景が付き物なので、
家にあったマチスの絵葉書を置いてみました。
なんか似合うでしょ。
f0103693_14115053.jpg



ダークさん、ありがとうございました。
[PR]
by hanarobo | 2008-06-27 14:13 | 日常
『秋の教育スペシャル!
     たけしの日本教育白書
                楽しくマジメに生放送』という番組を見た。


夕方6時から夜中の12時までの6時間の長丁場。
鶏つくね鍋を食べながら、結局最初から最後まで付き合ってしまった。

要は

『日本人の品格を取り戻すには昔の教育を見直したほうがいいのでは?』
というオチにしたかったんだと思う。




ま、それはそれとして。



番組の一番の呼び物、
石原慎太郎と久米宏とビートたけし、そして爆笑問題の討論が面白かった。


石原さんの
『 今の子どもは弱い。いじめなんか昔からあった。
 みんなそういうのを乗り越えているんだ。
 いじめられたから死ぬなんていうのは弱いやつが甘えてるんだ。
 死にたきゃ死ね。』 的な発言に座の一同が固まる中、

爆笑問題の太田光が

『時代が違います。』と切り返した。

そして

『極端な例え話ですけど、

 戦場の中でビンタされる痛さより、
 この平和な世の中で、
 毎日通っている学校で、
 クラス中の友達から無視されるほうがつらい
 と思う子どもがいるんですよ。』

と言った。


少し間があって、


『そりゃ、ビンタされるほうが痛いだろうよ。』と石原さんは言った。



だけど、私にはわかった。
このとき石原さんは『負けた』という顔をした。
いや、違うかな。『嫉妬』の顔かもしれない。

目の前の若造が石原さんにないデリカシーをちゃんと言葉で表現した。


それは政治家としての嫉妬ではなくて、
文学者として、表現者としての嫉妬だったと思う。



この男は『現代においていじめられるつらさとはどういうものか』
ということを今まさに目の前で表現したのだ。





今までメディアの中の人はみんな、石原慎太郎のデリカシーのなさを、
煽ったり、迎合したりして、飯の種にしてきたけど、

こんなにちゃんと石原慎太郎に立ち向かった人が、
ジャーナリストでも評論家でもなくコメディアンだとは、w

『日本人の品格がなくなってきたなぁ』がテーマの番組で
実に象徴的なことであった。
[PR]
by hanarobo | 2006-11-12 01:39 | メディア

アジアっぽい。

未だに、『欧米では』という前置きが付くくらい、
まなざしは欧米諸国を向いているのに、



私が祖国ニッポンは、まぎれもなく

アジアの発展途上国

である、と思うこと。





安心してマンションを買えないこと。
安心してエレベーターに乗れないこと。
安心してガス器具を使えないこと。
安心してプールで遊べないこと。






そして、明らかに負けたと思われる選手が地元判定のおかげで
世界チャンピオンになること。


f0103693_22111372.jpg
(by ミニロボ画伯)
[PR]
by hanarobo | 2006-08-03 21:48 | メディア
日テレ「シャルウィダンス?」を見た。

今日の出演者は、
ダンサーだったり(KABA.ちゃん、パパイヤ鈴木)
バレエ経験者だったり(神田うの)
日本舞踊の人間国宝の息子だったり(ピーター)なので、
レベル高そうだ。

しかも『一夜限り夢の競演SPダンス自慢芸能人大会』と銘打っていたので
すごく楽しみにして見た。



KABA.ちゃんは「男役」でダンス。
なかなか無理して男になっているようだった。

ダンスは危なげなく、「男」は危なげだった。



一方、ピーターは「女役」で踊っていた。

さすが、自分の演じたい「性」で踊っているので、
まるでダンスショーのように生き生きと表現力豊かに踊ってた。


こちらはダンスも「女」も危なげなかった。


パパイヤ鈴木は得意のラテンダンスではなく、
あえてウインナーワルツに挑戦したそうだ。


4頭身と短い手足がつらそうだった。


こんなだった。(by ミニロボ画伯)
f0103693_2284341.gif

[PR]
by hanarobo | 2006-07-29 22:10 | メディア

サディスティックな頃。

今や、欽ちゃんと言えば、









笑いと涙と感動の…














押し付け。






でも、昔はそんなことなかったんだよ。









テレビに出はじめの頃の、コント55号は
幼稚園児の私から見ても


新しくて
スマートで

スピード感があって、


しかも、攻撃的だった。



あの当時のままタイムマシンかなんかで連れて来て、
今「エンタの神様」に出ても充分笑いが取れると思う。


次郎さんをイジメる欽ちゃんの突っ込みが
不条理でサディスティックで、
そこがなんとも新しかった。


舞台の端から端まで軽々と飛び回り(もちろん欽ちゃん走りで)
それを年配の(といっても当時30代か?)
次郎さんに再現させてヨレヨレにさせてみたり、


すご~く長い言葉を次郎さんに言わせて、
「ハイ、もう一度。」でしどろもどろにさせたり、



そりゃ、まぁ、
受けてくれる次郎さんの間と困った顔が
欽ちゃんのツッコミを際立たせてくれていたわけだろうけど、



それよりなにより、
次郎さんを翻弄する欽ちゃんはクールだった。



知らない人は信じられないだろうけど、
ほんとにクールでかっこよかったんだよ。


私なんか
銭湯の下足札、いつも『55番』を狙ってたくらい。ww










「欽ドン」で素人さんいじりにちょっと嫌気がさして、
「欽どこ」でお客さんへの甘えに辟易して、



あとはもう…ねぇ。



最近また例の件で出てきはって、
私が思う芸人のあり方とは
どんどん逆の方向に行ってはるのを
見せつけられると…





がっかりだよ!





「ボクのことわかってよ」って客に甘えるようじゃ芸人おしまいだ。
[PR]
by hanarobo | 2006-07-28 18:01 | 脳内