頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雪降らへんかなぁ~と言ってたら、


やっと降った。


f0103693_1611938.jpg


ひとつひとつの粒が堅くて、
丸い。



つかんで投げると

サラサラと舞った。



わ=い!
[PR]
by hanarobo | 2008-12-26 16:14 | 日常
ますます世知辛くなってきた
今日この頃。。。









だからといって、






これはヒドイ。


f0103693_17312478.jpg


いつも心にシルバーシート。w
[PR]
by hanarobo | 2008-12-22 17:40 | 高岡の大阪人

私たちにできること。

「で、彼女にそれについて相談をされたときに、
 自分はどういう言葉をかけたらいいんでしょう?」

担任の先生がそう言った。


学期末。
個人懇談。



そして私。


「んーーー


 私が親として、いつも心がけているのは、、、、


 まず受け止める、っていうことです。」




「・・・・・。」(先生、微妙な顔)




「娘が何か、困り事を訴えてきたときに、

間髪入れずに解決策を示すんじゃなくて、、、


ん~~~なんていうか、こう。。。


『そっかーそんなことがあんねんなぁ。』とか
『ほんまになぁ~』とか、


ま、とにかく、、、

一拍、置く。


その間(ま)で、ちょっと安心させるようにしています。


道を示すのは、その後です。
そうでないと頭に入っていかないんですよ。

まず気持ちを受け止めてやらないと。」




伝わったかな。。。




この担任の先生は、早くに母親を亡くされ、
その後いろんな職種を経験して教職についたという、
ものすごい努力家なのだ。


ミニロボの話に登場する先生はいつも、
「今日は帰りの会で先生がこんなことを言ったよ。」とか
「先生はこんな仕事もしてたらしいよ。」とか
尊敬のまなざしと共に語られる。



だから、


だからこそ、


生徒からの問いかけには、なんでも即答するし、
行動もすばやい。

自分がそうしてきたから。


『ネガティブに考えるな』
『気持ちを明るく持て』
『とにかく前に進め』と、いう感じ。


だから冒頭のセリフが出る。


なんにでも解決策がある。
それを探せ。
即行動せよ。


なのだ。。。


ミニロボに対しても
私に対しても。w





ミニロボがした、ちょっとした問いかけに、
先生が即、解決策を示した。

「こうすればいいじゃない。」


ミニロボは言い募る、
先生は別の解決策を示す、
まだミニロボは言い募る。。。
そのくりかえし。


きっと、


ミニロボは解決策を望んでたわけではない。




ミニロボの心の中に生まれた、

孤独感とか後悔とか、、
そういったものを認めてほしいと、

そういう訳のわからないものが今心の中にあるんだと、


その存在を認めて欲しかっただけなのだ。



私たち大人にできるのは、
「そう、そんな気持ちになったんだね。」と言うことくらいしかない。

ただただ、

その気持ちに寄り添うだけのことだ。




でも、そうやって、
訳のわからない気持ちを、


第三者が認めることで、



本人にチカラが生まれる。




そりゃ、『解決』するかもしれないし、
しないかもしれない。


でも、


本人に何かしらのチカラが生まれるのだ。




私たち大人にできるのは、そんなことくらいしかない。


。。。と、、いう主旨を





先生にわかってもらえたのか、どうなのか。。。







しかし、



なんでこんなときにいつもパパロボが出張なんだろう。007.gif
電話じゃうまく言えない。。。



パパ、たすけてーw
[PR]
by hanarobo | 2008-12-21 01:33 | 日常
なんの期待感もなく、



日々暮らしていると、



軽くジャブをくらうことがあります。。。。。






f0103693_11214433.jpg

あぶない!逃げて=
ファッション。ww












そんな、高岡の年の暮れ。。。
f0103693_1136817.jpg

[PR]
by hanarobo | 2008-12-17 11:29 | 高岡の大阪人
自分のことが好きかどうか、
簡単にわかる方法があるという。


それが、これ。



静かな部屋に一人こもり、
テレビ、音楽、本、パソコン。。。つまり、
気を紛らわせるものすべてを遠ざける。
純粋に部屋に一人だけになる。
そこで1時間過ごせるかどうか。

(もちろん眠ってはダメw)




これを読んだとき、



ははーん。。。これはつまり、


「テレビを見ている私」「本を読んでいる私」などはOK、
でも、「何もしていない私」というのはダメ、
。。。という自己評価を下す人を

あぶりだそうとしているのかな?と思った。


もっと言えば、


他人に認められたい、他人から評価されたい、っていう欲求とか
それを得られない焦燥感みたいなの
があるかどうかを判断するってことか。


と思った。

それにしては1時間って短すぎるような気もするけど。w




結局、人からどう見られるかを気にしている人というのは、
自分で自分に合格点を出せない人のことかも知れない。




翻って、



不肖 私、


自分で自分に合格点を出しているのか?と言えば、
う~~~~ん。。。。



あまり出来のいいほうではないな、と思う。


でも、


合格点ではないけど、ゆるしてるって感じ。ww




たとえば、今、目の前に、





もう一人自分が現れたら、




いい友達になれるような気がする。

お互い、出来は悪くても。w
[PR]
by hanarobo | 2008-12-16 17:00 | メディア
と、先日聞かれましたが
いまのところ、どうもなってないです。w



というのも、


パパロボが有給消化のため、
ちょこちょこ半休をとるので、
一緒にいることが多く、


ひとりの時間があると、
浮世離れしたことで、頭を使うこともできるんですが、



家族といると、
どうしても生活感あふれる時間を過ごすことになり、w


演歌みたいなドラマちっくなことには
なかなか取り組めません。



もうすぐミニロボも冬休みだし、
年内はムリだろうなぁ。。。



でもね、



案外、頭の中から一度スパッと抜いたほうが、
いい曲できるかもなぁ、なんて。。




別に、急ぐこともないしね。(^_-)
[PR]
by hanarobo | 2008-12-14 01:51 | 日常

おもしろいやん。

短期間に目が悪くなったので、
目のいいときの記憶も残っている。


だから、


ぼやけているのが新鮮に感じる。w


おまけに、


微妙に左右で視力が違うので (左0.4 右0.5)
片目を手で隠して見比べてみるのもおもしろい。



左目で見るとぜんぜんぼやけて見えない文字も、
右目なら普通に読めたりする。

それが、両目だとより鮮明に読めたりする。


悪いほうに引っ張られるんじゃなくて、
良いほうに引っ張られるんやな。



ちなみに両目だと0.7だそうだ。



だけど、



もっとおもしろいことに。。。www





お酒を飲むとバシっとピントが合う!


ま、ある程度酔わないとダメだけど。w



大体、缶ビールなら3本目くらいから、
チューハイなら2本目くらいから、


約3m先のTVの文字がクッキリ見え出す。




おもしれ~ww
[PR]
by hanarobo | 2008-12-10 17:14 | 日常

そっちかい!

目が悪くなった。



モノがぼやけて見える。



とうとう来たか。



老眼?




ま、いっか~



と、放っておいた。






そんなとき、




パパロボと二人でショッピングモールを歩いてると、

眼科があった。



医者嫌いの人は信じられないかもしれないけど、
私は、調子悪いとこは修理する、ってな感覚で(ロボットだしw)
積極的に直すほうだ。


で、時間もあったし、
パパも勧めるし、
なぜかそのとき保険証持ってたし、


診察してもらった。




で、結果。



え==っ!!


と、待合室のパパまで聞えたそうで。。ww





左 0.4
右 0.5

近視です。




今まで、1.5どころか、2.0まで見えていた私。




てっきり老眼になったと思っていたら、
この年で近眼になったとは!

ゲーム好きの小学生かよw






そういえば最近集中して本を読んでいたからなぁ~



ベッドで寝転がって本を読むと、
逆光だから目が疲れるんやよね。

ほんで天井のライトが読んでいる面に当たるように、
左に寝返り打って本を読むと、

ほんの少し左目側が近くなって、
右目側が遠くなってしまう。(わかりにくい?w)



それだな。




パパロボにベッドでの読書を禁止された。
パソコンも広げてると注意される。



一時的な疲れ目かもしれないし、
処方された目薬で治る場合があるので

今のところはメガネをかけなくてもいいと言われたけど、



もしこれからメガネを作るとしたら、



もしかして、


遠近両用?



うわ、


年寄りくさ~www
[PR]
by hanarobo | 2008-12-10 12:45 | 日常

大事にしてほしい。

和田アキ子 デビュー40周年だそうだ。
私が4歳のときにデビューしたのか。







そういえば小さいとき、彼女の歌を聞いて
「黒人の歌手みたいな歌い方やなぁ~」と思った。


彼女の歌声に日本人離れしたものを感じて、
子供心に『他の歌手と、なんか違う』とちょっと尊敬していた。




そして、




きっと年を取れば、もっとよくなるんやろうな、と思った。


なぜって、



ときたまテレビで見る
黒人の女性歌手の人たちは、みんな年配で、w

堂々とし、
声量も豊かで、



歌の中に人間的な大きさを感じたからだ。


だから、


和田アキ子もきっと50歳くらいになったら
黒人のおばちゃん歌手のように、ビッグママになるんだろうな~と、
楽しみにしていた。









昨日、NHKで

和田アキ子 イン ニューヨーク
  ~デビュー40周年アポロシアターコンサート~


を見た。




ザッピングしてて偶然発見したのだけど、
タイミングよく最初から見ることができた。



アポロシアターがR&Bの歌い手にとって、
いかに特別な場所か、ということも丁寧に描かれていて、

だからこそ、彼女がどれだけの思い入れを持って、
このコンサートに臨んでいるかということも
よく伝わってきた。


そして始まった。。。




和田アキ子58歳
デビュー40周年
憧れのアポロシアター



感動のパフォーマンス。。。。。のはず。





確かに、


感動したのはしたのだけど、




それは歌の部分ではなく、




「今まで頑張ってきはったんやなぁ~」とか
「ほんまにうれしそうやなぁ~」とか
「よかったね~」とか。。。


そういう部分で、

共感していたのだ。




私が小さいときに

すげ=!と思った、

あの声量、
あのパンチ、
あの深いビブラート。。。


すべて



4割減。


リズム感も、いいとはいえない。

ちょっともたつくところがあって
ハラハラするときがあった。



なんで???



50代になり、
いよいよ円熟期に入って、
今年はデビュー40周年。

彼女が憧れたあのアポロシアターでの初コンサート。


万全の状態で臨んだはず。




それなのに、



私がイメージとして持っている和田アキ子の、

たった6割だとは。。。







確かに、

低音域のビブラートはイメージどおりで、
そこから歌い上げる声量は豊かだった。


だけど、


高音域。

それは歌声ではなく、単に大声だった。


声に何のニュアンスも感じられない。
伸びも悪い。


低音に比べ高音のやせていることといったら。。。






もちろん、加齢は否めない。
年を取ると誰でも高い声は出にくくなる。。


それにしても、だ。



タバコ?

お酒?




これら不摂生があの歌声を失わせてゆくのだとしたら
とても残念だ。



本人が気づいてないはずがない。


それでも吸いたいか?
飲みたいか?






誰だって商売道具は大事にするものだ。


日頃、芸能界のご意見番とか言われている本人が、
歌手の商売道具を粗末にしてどうするのだ。





感極まって、
涙を流しながら歌う和田アキ子を見て
そう思った。




泣かせるなら自分ではなく
客を泣かせろ、と。



その声で、その歌で。
[PR]
by hanarobo | 2008-12-08 12:17 | メディア
前回のエントリーの後、




年賀状を買い、



洗車し、



雪が降って(!)



あわてて夏タイヤを冬タイヤに交換したり。。



お歳暮の用意をしたり。。。





そんなことしてるうちに、
頭の中がすっかり年末モードになってしまって、




作曲のことを考えることもなく、


ましてや


ギターなんて全く触っていなかった。(^_^;)



そんな私に、




ガツン!

と、きました。



WOWWOW生中継!


f0103693_2141235.jpg




翌日のワイドショーでは、


『長崎は今日も雨だった』の、ひとりクールファイブw や

『魅せられて』の、ジュディ・オングの例の衣装を
小林幸子ばりにグレードアップして、
せりあがって歌う様子ばかりを紹介してたけど、



なんといっても圧巻だったのは、
『舟歌』ですよ。




私、泣きました。

今まで聞いた、誰の どの舟歌より良かった。。。







もちろん、


今日、『アッコにおまかせ』で
和田アキ男ならぬ、アキ子ご本人も絶賛しておられたように


トリの『あの鐘を鳴らすのはあなた』も、
最高です。






それにしても、




桑田さんが、


心をこめて、
楽しそうに、


歌っているのを見ていたら、




この数週間、
生活に密着したことばかりでいっぱいになっていた
私の頭が、



スカッと晴れました。




昨日のラジオで桑田さんが言ってたことを実感。


曰く、

「やっぱりヒットした曲というのは、
  チカラがありますよねぇ~」









桑田佳祐 Act Against AIDS 2008
「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」


2008年12月2日(火) 神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
7:00〰10:30pm
 

【セットリスト】

1: サントワマミー / 越路吹雪
2: 青い山脈 / 藤山一郎
3: コーヒー・ルンバ / 西田佐知子
4: 上を向いて歩こう / 坂本九

-GS&恋と涙と太陽対決-

5: 君だけに愛を / ザ・タイガース
6: 恋の季節 / ピンキーとキラーズ
7: 君にあいたい / ザ・ジャガーズ
8: 恋のハレルヤ / 黛ジュン
9: ブルー・シャトー / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
10: 太陽は泣いている / いしだあゆみ
11: 風が泣いている / ザ・スパイダース
12: 夕日が泣いている / ザ・スパイダース
13: 真っ赤な太陽 / 美空ひばり

-フォーク&ニューミュージック対決-

14: 学生街の喫茶店 / GARO
15: 五番街のマリー / ペドロ&カプリシャス
16: 心の旅 / チューリップ
17: あの日に帰りたい / 荒井由実
18: さよならをするために / ビリー・バンバン
19: シルエット・ロマンス / 大橋純子
20: ルビーの指輪 / 寺尾聡
21: 時代 / 中島みゆき

-フルバン&レビュー対決1-

22: いいじゃないの幸せならば / 佐良直美
23: さらば恋人 / 堺正章
24: 経験 / 辺見マリ
25: 空に太陽がある限り / にしきのあきら
26: 終着駅 / 奥村チヨ
27: 長崎は今日も雨だった / 内山田洋とクールファイブ
28: 他人の関係 / 金井克子
29: 君といつまでも / 加山雄三

-クレイジーキャッツ&ザ・ピーナッツ メドレー対決-

30: 黙って俺についてこい / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
31: スーダラ節 / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
32: ハイ それまでヨ / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
33: 振り向かないで / ザ・ピーナッツ
34: 可愛い花 / ザ・ピーナッツ
35: 情熱の花 / ザ・ピーナッツ
36: 恋のフーガ / ザ・ピーナッツ
37: 恋のバカンス / ザ・ピーナッツ
38: LOVE LOVE LOVE / DreamsComeTrue
39: ロビンソン / スピッツ

-フルバン&レビュー対決2-

40: 襟裳岬 / 森進一
41: 舟歌 / 八代亜紀
42: SWEET MEMORIES / 松田聖子
43: 三年目の浮気 / ヒロシ&原ボー
44: いい日旅立ち / 山口百恵
45: 現代東京奇譚 / 桑田佳祐

-アイドル対決-

46: 少女A / 中森明菜
47: 愚か者 / 近藤真彦
48: 狙い撃ち / 山本リンダ
49: 情熱の嵐 / 西城秀樹
50: 渚のシンドバッド / ピンクレディー
51: 勝手にしやがれ / 沢田研二

52: キューティーハニー / 倖田來未
53: GOLDFINGER'99 / 郷ひろみ

-アンコール-

54: 時の流れに身をまかせ / テレサ・テン
55: 涙そうそう / BEGIN
56: もらい泣き / 一青窈
57: タイガー&ドラゴン / Crazy Ken Band
58: ラブ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲
59: また逢う日まで / 尾崎紀世彦
60: 魅せられて / ジュディ・オング
61: あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ男


f0103693_2143794.jpg

[PR]
by hanarobo | 2008-12-07 18:44 | メディア