頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日はチャットで、ある女性と「愛って何?」という話をし、
また、ある男性と「神さまがいるか、いないか」という話をした。


あんまり面白くてうれしかったので、
それぞれの人と2時間以上しゃべっていた。
危うく、イオンの火曜市に行き損ねるところであった。



不肖はなロボ43歳。
まるで思春期のようだ。w





さて、


神さまは、いるのか、いないのか。



このことについて思うとき、
どこかで読んだこの話を思い出す。





『おばあさんと洪水』


ある村にとても信心深いおばあさんがいました。
おばあさんは、毎日神さまに一生懸命お祈りをしていました。



あるとき、その村に大きな洪水がおこりました。
おばあさんの家にも水が押し寄せてきました。


近所の村人が「おばあさん一緒に逃げましょう!」と声をかけました。

でも、おばあさんは落ち着いて、

「いえいえ、私は神さまに守られているから大丈夫」と断りました。


水はとうとう1階を埋め尽くしました。
おばあさんは2階に上がってじっとしていました。


村人が舟でやってきて言いました。
「おばあさん、この舟に乗ってください。」

でも、おばあさんはニコニコして

「いえいえ、私は神さまが助けてくださるから大丈夫」と断りました。


水はそれからもどんどん上がってきて家ごと沈んでしまいました。
おばあさんは屋根にのぼってじっとしていました。


勇敢な若者が体にロープをくくり、危険を冒してやってきて
「おばあさん、ボクにつかまってください。」と言いました。


でも、おばあさんは
「いえいえ、私には神さまがついていてくださるから大丈夫」と断りました。


そしてとうとう、


おばあさんは溺れ死んでしまいました。





天国に行ったおばあさんは、神さまにいいました。



「私は、あなたを信じて毎日お祈りを捧げていたのに
 どうして助けてくださらなかったのですか?」




神さまは答えました。




「だから、3回も助けたじゃないか。」












この話に描かれた神さまが好きだ。



私はごく一般的な、(クリスマスも初詣もするような)
宗教に節操のない、w
日本人だけど、


私のイメージしている神さまが
この話の中にいるような気がする。






そして、




ホントにいるような気がする。





あっちこっちに。
[PR]
by hanarobo | 2008-01-30 10:22 | 脳内

『禁じられた遊び』

f0103693_15483896.jpg


http://www.stickam.jp/editMediaComment.do?method=load&mId=177915990


久しぶりにウクレレを弾いてみた。
高いところはちょっとしんどいけどなんとか。w
[PR]
by hanarobo | 2008-01-28 15:51 | 成果

もう、家にいる。

らいちょうバレーから
車で1時間半。


途中、食事したけど

7時半にはもう家にいたのであった。




f0103693_21534322.jpg


スキー場が近くてうれしい。
雪大好き。001.gif
[PR]
by hanarobo | 2008-01-26 21:58 | 日常
f0103693_13504134.jpg

今ゴンドラに乗って山頂に向かってます
[PR]
by hanarobo | 2008-01-26 13:50 | ケータイから

ハートメーカー

http://www.style-walker.com/sw/s/heartmaker




「はなロボ」でやってみた。






f0103693_12101079.jpg

ふ~ん…
びみょー










「本名」でやってみた。







f0103693_1211165.jpg

ぎゃはははは。
ノーコメント。
[PR]
by hanarobo | 2008-01-23 11:59 | メディア

まってたよ~



雪!




f0103693_10555129.jpg

[PR]
by hanarobo | 2008-01-17 10:38 | 日常

着物でギター

初めて買ったレコードはこれ。
f0103693_8521214.jpg

試聴にリンク


ほんとうは『ズンドコ節』がほしかったのだけど
売り切れていた。



すごくがっかりした。




「取り寄せ」とかいうシステムも知らなかったので、
店にあるドリフターズの曲を買ってもらった。



幼稚園の頃。




そして何回も何回も聴いた。
子供用の卓上プレーヤーで。




これが私の音楽ルーツ。ww









他にも好きな曲があった。




『帰って来たヨッパライ』(1967)

『ケメ子の唄』(1968) (注:当時の映像ではありません)

『ハチのムサシは死んだのさ』(1972)






あ、そうそう。



『走れコウタロー』(1970)も。




こういうのが好きだった。





で、




もっと好きなのは『音曲漫才』。
とくにトリオもの。



宮川左近ショウ


は、もちろんだけど、


やっぱり女のトリオのほうが、
私にとってはカッコよくて


かしまし娘


フラワーショウ


ちゃっきり娘



のテーマソングを聞くと、今でもワクワクする。




着物姿で抱えて弾いてる
この、ごっついギターに憧れた。
f0103693_927996.jpg







と、いうわけで






私にとって
『音楽』と『笑い』は
仲良し。001.gif
[PR]
by hanarobo | 2008-01-08 09:28 | 脳内

年の初めの世紀末。

こんなのを見つけた。

「私の世紀末カルテ ~素敵な春の逢瀬~バージョン 全10本一挙公開」
http://www.jvcmusic.co.jp/sas/sas1999/chart.html

1999年当時の世相が懐かしい。



トップページ
http://www.jvcmusic.co.jp/sas/sas1999/
[PR]
by hanarobo | 2008-01-05 22:08 | メディア
ちょっとしたことが気になって
興醒めしてしまうことがある。




年末に家族で「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見に行った。



(ややネタバレ注意)




劇中、




小説家志望の茶川竜之介が





本をまたぐシーンがあった。





しかも、




自分の小説が掲載された雑誌を。






私なら、そんなことできないな。






自分の大切なものを
ズカズカとまたぐなんて。








そのシーン以降、
(私にとっては)小説家というリアリティがなくなって、


面白さも半減してしまった。
残念。








もうひとつ。


年明けに、


録画してあった、
NHK紅白歌合戦を見た。





小林幸子の歌の最中、







口を開けて見ている
鶴瓶とキムタクの2ショットの挿入。




歌唱後、




鶴瓶と中居君が
舞台裏、撤収前の小林幸子に近寄り、



「案外、裏はスカスカなんですね」とか
「おっさんが3人いてはる」


とレポート。







今年の紅白は
『歌をじっくりと聞かせる』
ということを標榜していたのでは?



小林幸子の歌を
NHK自身が色モノ扱いしてどうするんだ?




せめて歌ってる間は、
歌い手だけにカメラを向けるのが
歌手と視聴者に対しての礼儀
ってもんでは?




(この際小林幸子自身が歌より舞台衣装(装置?)に
力を入れているのは置いといてw)






ま、こういうことが気になるってことは、







はなロボもどんどん中年の坂を転がっていってるってことだな~
と思う2008年、年頭であります。w
[PR]
by hanarobo | 2008-01-05 17:47 | 脳内

大阪ワンダースポット

あけましておめでとうございます。







年末年始、大阪に帰っていました。







電車に乗ったりもしました。





で、






大阪の車窓から。





f0103693_146843.jpg



ちょっと見えにくいですね。






拡大します。








ストレートに聞きますけど、


これは何ですか?

f0103693_1472957.jpg



突っ込みようもありません。ww
[PR]
by hanarobo | 2008-01-03 01:51 | 高岡の大阪人