頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

富山ワンダースポット

ワンダーってほどじゃないんですけど、




ちょっと気になる、っていうか。。。





ふと立ち寄った喫茶店。









f0103693_152626.jpg


え?







ま、いいか。。。。









さて、




メニューを






は?
f0103693_17475.jpg


あら、やだ。w








ま、ちょっと気になる、 って感じでした。
[PR]
by hanarobo | 2007-12-29 01:11 | 高岡の大阪人

復讐するは我にあり。

こんなタイトルつけたら、またアクセス爆発かなぁ。
ぼっか=ん!!www







でもこの言葉、そんなに物騒な意味ではない。









『復讐するは我にあり』の出典は、新約聖書。


「主いい給う。
 復讐するは我にあり、
 我これを報いん」


(ローマ人への手紙・第12章第19節)





わかりやすく言うと





「神が言った。
 復讐は私がおこなう。
 私が報いを与える。」







やっぱり物騒?w






以前見たTVドラマ『復讐するは我にあり』の犯人は、




この言葉を間違って解釈し、


「復讐することは人に与えられた権利なのだ」と、

自分の不幸な生い立ちに復讐するかのように犯罪を行っていた。



『復讐するは我にあり』
この「我」を「神」ではなく、文字通り「自分」だと思い込んだ主人公。
誤読は人をも殺す。



もちろんこれは「お話」だから、
実際のモデルになった事件で
犯人がそうだったのかどうかは知らない。



しかし、充分ありえる話だ。






受け手の解釈は送り手の想像を超える。





これは肝に銘じておこうと思う。












だけど、それでも




表現することを恐れてはならない、と思うのだ。








たとえ、






背中から撃たれようと。







そしてたとえ、







鼻毛が出ようとも。ww
[PR]
by hanarobo | 2007-12-26 13:48

メリークリスマス!

「コングラッチュレーション、って何?」

「『おめでとう』っていう意味。」

「じゃぁ、何で 『お誕生日おめでとう』っていうときに
コングラッチュレーション バースデー、って言わんと、
ハッピーバースデー、って言うん?」


「西洋の人の『おめでとう』はね、
『努力して勝ち取ったもの』を褒めたたえるときに言うねん。
お誕生日や、クリスマスみたいに、
『時がたてば自然に来るもの』には、おめでとうは言わへんねん。



こんな風にちょっとした言葉の使い方に、
西洋と東洋の物の考え方の違いが表れる。



『求めよ、さらば与えられん!たたけよ、さらば開かれん!』
という西洋文化と

『足るを知る』という東洋文化。





私の中にはどちらも存在する。





ミニロボはどうなるんだろう?



Merry Christmas, minirobo! :-)

f0103693_2132067.jpg

[PR]
by hanarobo | 2007-12-25 02:22 | 日常

Christmasとクリスマス。

このシーズン、街を歩くとなんだか
ほんわかした気分になったものだ。


今は、「街」というところには出かけないけど、
それでも、ちょっと暖かい気持ちになる。




今年ももうすぐ終わる。



がんばらない、無理しないとは言っても、

すべての人々は、

間違いなく「がんばって」生きている。






もちろん、今年もそうだった。



お互いよくがんばりましたね。






昔、ミニロボが幼稚園のとき、
「クリスマスって何の日か知ってる?」って聞いたら、


「サンタさんの日!」


と、言った。



「それもあるけど…ほんとうはね、
 イエス・キリストが生まれた日やよ。」って教えると、びっくりしていた。




そんな風に、私たちの身の回りでは
Christmasの宗教的な意味は、薄れてるけど、



イエス・キリストが年の暮れというこの時期に生まれたことで、
私たち日本人にもこの行事が定着したのだと思う。




今年一年、お疲れ様。
来年も良い年でありますように。




心を込めて




メリークリスマス
[PR]
by hanarobo | 2007-12-21 12:10 | 脳内

鼻毛が出てますよ。

赤と白の間は、


ピンク。
[PR]
by hanarobo | 2007-12-20 18:32 | メディア

私にさえもある美意識。

人がその価値観を、他の人に強要する行為というのは、


ダサい。



…と思っている。





だから、



「親」って恥ずかしい。w





「躾」ってものすごく恥ずかしい。ww






それでも、躾けている。






大人をちゃんとやろう、と思う。









ミニロボが反抗してきたとき、
ちゃんと胸を貸してやれるように。
[PR]
by hanarobo | 2007-12-18 14:27 | 脳内
「王様は裸だ!」と叫んだ子どもは、



そのあとどうなったのかな。




やっぱり、




取り押さえられたのかな?





そして、



処刑されたのかな?






それとも、




子どもだからと、





お咎めなしだったのかな?












米をとぎながら、




ふとそんなことを思う。







大人ってなんだろう?



子どもってなんだろう?
[PR]
by hanarobo | 2007-12-17 16:35 | 脳内

1983年のビートルズ。

1983年晩秋。


大学祭直前。


私は大学一年生で、文化会演劇系のクラブに入っていた。






大学までは家からキッカリ2時間かかるので、
先輩の部屋に泊まらせて貰うことが多くなり、、、





やがて、居候状態になっていた。w




先輩の名前はみどりさん。(仮名)
1年上の先輩だった。

みどりさんは、「スローなブギにしてくれ」に出ていた頃の
浅野温子に似ていた。




その日も2人で銭湯に行き、すっかりくつろいで
ジャージに着替え、部屋でゴロゴロしていた。






ガラステーブルの上にバドワイザーの空き缶が
乗っかっていて、



それが灰皿だった。




「あんた、きっと煙草やめられないわよ。」


口の端でちょっと微笑んで、
みどりさんは言った。



「だって、他の子はファッションで吸ってるけど、
 アンタ、おいしいと思ってるんでしょ?」



「はぁ。」



「じゃぁ、ムリだわ。 あーやめられないわぁ~」

と、へんな風に語尾をのばしながら、髪をけだるくかきあげた。



私も笑った。




去年までは制服着て、朝から夕方まできっちり授業受けてた生活が、
こんな風に自由になって、私はとてもいい気分だった。








と、そこへ急に
ドアをノックする音。


「お==い!  みどり~ はなロボ~ 」



ドアを開けると3年上の先輩が入ってきた。
タツロウさん(仮名)とMさん。



「おい、これからドライブ行くぞ!」



え?



わ=====い!!



「なんか音楽持ってこい!」



え==と・・・・


ビートルズしかありませんけど。



「いいよ、それで。」



即行。


スッピンに寝巻きジャージのまま、
カーステもついていないオンボロ車に乗って、

これまたオンボロのラジカセで
ビートルズをガンガン流しながら、
ポートアイランドへ。



タツロウさんも、Mさんも
話がとてもうまくて、
車中、みどりさんと私はずっと笑っていた。



だから、目的地があるドライブだなんて知らなかった。




「お== 着いたぞ。降りろ!」



どーでもいいけど、寒いっす。w
何、何ですか、これ。



目の前にはおっきなビルが建っていた。



「これがワシの就職する会社や!」
タツロウさんが言った。



ほ=




大学に入って、やっと大学生生活を楽しみ始めた私に、
『就職』という次の課題がはじめて形を作って現れた。
でも、ピンと来なかった。w



「ワシはここで出世するんや=!」とタツロウさんは叫んだ。



私たちもこぶしを突き上げて「お==!」と言った。
ゲラゲラ笑いながら。




そのあと、



どこを走ったのかよく思い出せない。






とにかく夜がしらじらと明けてきたとき、




私たちは神戸大橋を渡っている最中だった。





そのときタイミングよく曲始まりで、
ラジカセからLOVE ME DOが流れてきた。


さっきまで騒いでいたのに、
なんだか急にみんな無口になった。




神戸大橋の赤い鉄骨が前から後ろへ流れていった。






夜が明けてきた。






「ひさしぶりにビートルズ聴くといいもんだな。」Mさんが言った。





そう。
この頃の私たちにとって、
ビートルズは古かった。




それなのに、とても心に染みた。







過去に戻りたいと思うことはまずないけど、
あの日あの時間になら戻りたいと思う。





ときどき頭を抱えてしゃがみこみたくなるほど
そう思う。






あれからもう24年。




タツロウさんは一度TVで見かけた。




あのポートアイランドの大きな会社・・・・ではない会社の
えらいさんになって、販売戦略について語っていた。


やっぱり望みどおり出世していた。





Mさんは、オトナなら誰でもお世話になるはずの
ゴム会社に入った。


みどりさんは、アパレル会社に入って
そのあと転職したらしい。











みどりさんは私についていくつかの予言を残した。






そのうちのいくつかはあたったが、




これは、はずれた。


「あんた、きっと煙草やめられないわよ。」











あたったのは、これだ。









「あんた、40過ぎてもコンバースはいてるような気がするわ。」
f0103693_14503720.jpg

[PR]
by hanarobo | 2007-12-17 14:57 | 思い出

全部知ってるくせに。

どうして面と向かって言わないのかな?






家の電話番号も、
ケータイも、
メアドも、









全部知ってるくせに。














なによ、いきなり背中からズドンって。

びっくりするやん。










あれ、、、


なんで逃げるのよぉ~



ちょっと待ってよぉ~~







あれ・・・・・・





なんか、







背中がベトベトしてる・・・・・・・







え?








なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!
[PR]
by hanarobo | 2007-12-17 00:15 | 脳内
今晩飲んでみる。




f0103693_18555892.jpg



隠された猫性が
でてきちゃったりなんかしてw



パパにも飲ませよう!ww
[PR]
by hanarobo | 2007-12-16 18:58 | 日常