頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

おんな子どもを寂しくさせると軽くクルう。

タイトルは、まったくの私の主観である。



コメント受付しなくなって、
勝手な主観も気軽に書けるようになった。w




さて。。。





「女ってさー」などと言おうものなら、
即座に「女に限らないよ」という友人がいるが、w



表記の件に関しては「おんな子ども」と限定している。


それは、私が


寂しがる大人の男というのを見たことがないからである。



だから、

『寂しがる男』は皆子どもである。



しかし、女に関してはこの限りではない。


大人の女が、

ココロのなかに寂しさを抱えるとクルう、という例を
たくさん見てきたからだ。






もうひとつのポイント。



「寂しがらせる」ではなく、「寂しくさせる」とクルうのである。



どこが違うのか、と言えば。




「寂しがる」というのは、
本人が「寂しいよー」と表明している状態。



「寂しくさせる」というのは、
本人自身も気付かないか、または我慢して黙っている状態。



そういうニュアンスだ。





主観はどんどん続く。。。





クルい方にもいろいろある。
もちろん本当に狂う人もいる。

ネット上にはそのサンプルに事欠かない。

(これを読んでる人も思い当たることがあるでしょう?)




噂して笑う人たちがいるが、
私にはとてもできない。




なぜなら、





私は、女で、




しかも、もっともアブナイ

中年女だからだ。w







だけど、その前に




親でもある。





自分はもちろんだが、
子どもをクルわせてはいけないな~と思う。






要は、


愛情を与える役割にある人がその責を果たしているか否か。なのだ。





私たちはもっと成熟しなければ。。。




ねぇ?
[PR]
by hanarobo | 2008-06-05 16:59 | 脳内