頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

だらだらと書いてみる 2

まだ、カレーはできないみたいだ。


mixiを見ていたら、ちょっと書きたくなったので書く。




ちょっと前、


『いきしずく』『空に星があるかぎり』
高橋俊之さんの曲をアップした。



まず、その背景を言わないと、
続く話がわからない。




実は私も最近、
家族のいないお昼の時間帯に、
Stickamでライブ部屋を開けていたりする。



そこで、高橋さんの曲を演ることがあった。



ご本人に報告はしていなかった。



だって、



なんせ、この私ですから。w


「あなたの曲を歌っています。」と言うほどの人間でもないだろうと。ww





でも、ある人から



「やっぱり言っといたほうがいいよ。」とアドバイスされて


メールした。
高橋さんに。



「どんなふうになったのかな。」というのがその返事で。



で、



がんばって録音した、というわけだ。



そしてまた報告したら、



「了解。」という短い返事が来た。






昨晩、高橋さんがライブ部屋をされていたので、
入ってみた。



「あぁ、聞いたよ。はなちゃんの『いきしずく』と『空に星があるかぎり』」


「ありがとうございます。」


「まぁ~なんちゅーか。。。

 あーーーんまり、できがよくないね~

 キーが合っとらんちゅーかね。
 低すぎるんかなぁ~
 あ~~んまり、よくないね~ はっはっは」





で、



私はしばらく凹んでいた。ww




たまたま、そのとき私が泣きついた相手の方が
私の代わりに憤慨してくださったけど、



でも、正直な感想なので、


しかも、曲の作者の感想なので、


怒るなんてとてもとても。。。。。



(外聞き6人、入室者私のみという、
 衆人環視の中、言われるというのはキツかったけれど (T_T))






それに、



『いきしずく』は確かにキーを下げて歌っている。


いつもの私のキーより、
ギターのフレット数で言うと2つ低い。(全音?)


それは、なぜか。





恥ずかしい話、さっきのエントリーと関係あるんだけど、



「腕枕をして寝ているカップル」という想定で歌っているのです。





ベッドから窓が見えて、
外は雨降ってて、



窓にいきしずくの水滴がついて流れていく。



それを腕枕されながら眺めている。。。。





そういうときにしゃべっている声って、


いつもの声より、


低くて、ちいさくて、かすれてませんか?





まぁ、




私なりにそういう想定で。




本当は、



奥様と高橋さんが
車の中で話したときの様子を歌にしたらしい。




もちろんそれも知ってはいましたが。








高橋さんのご感想は率直なもので、



私はかなり凹んだけど、



言われるのも、凹むのも、
それは仕方のないことだと思う。



そこになんのウソもない。






ただ、



ただね。




例え話でいうと、



砂場で砂山を作ってひとりで遊んでいたら、
「あ~んまりできがよくないなぁ~~~」と
大人の人に言われた感じ。w




ひとりで砂場で砂山作って遊んでいる子どもと、


自称でも他称でも、
アーティストという心構えで、
砂の芸術作品を作っている人を、


同じ土俵で語るのは無理があるのではないかと。





そういう意味で、





大の大人が、
子どもみたいな人間に



そんなこと言うのには、



腹が立ちました。







(このエントリーについては高橋氏にメールでお知らせしました。)
[PR]
by hanarobo | 2008-03-15 20:27 | 脳内