頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

復讐するは我にあり。

こんなタイトルつけたら、またアクセス爆発かなぁ。
ぼっか=ん!!www







でもこの言葉、そんなに物騒な意味ではない。









『復讐するは我にあり』の出典は、新約聖書。


「主いい給う。
 復讐するは我にあり、
 我これを報いん」


(ローマ人への手紙・第12章第19節)





わかりやすく言うと





「神が言った。
 復讐は私がおこなう。
 私が報いを与える。」







やっぱり物騒?w






以前見たTVドラマ『復讐するは我にあり』の犯人は、




この言葉を間違って解釈し、


「復讐することは人に与えられた権利なのだ」と、

自分の不幸な生い立ちに復讐するかのように犯罪を行っていた。



『復讐するは我にあり』
この「我」を「神」ではなく、文字通り「自分」だと思い込んだ主人公。
誤読は人をも殺す。



もちろんこれは「お話」だから、
実際のモデルになった事件で
犯人がそうだったのかどうかは知らない。



しかし、充分ありえる話だ。






受け手の解釈は送り手の想像を超える。





これは肝に銘じておこうと思う。












だけど、それでも




表現することを恐れてはならない、と思うのだ。








たとえ、






背中から撃たれようと。







そしてたとえ、







鼻毛が出ようとも。ww
[PR]
by hanarobo | 2007-12-26 13:48