頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

あなたでないとダメなんだ。

8月1日、
ミニロボが立山登山に出かけていたので
久々にパパロボと2人だけで富山の花火大会を見に行った。

いい場所も取れたし、花火も綺麗だったけど
昔みたほどの感動が、、、ない。



なぜ???


夫婦でデートなんていまさら、か?
年取って感覚が鈍ってきた、か?
PL花火10万発を見たら、ヨソの花火はちっちゃく見える、か?



それとも、



ミニロボがいないから、か?







その3日後。



高岡の花火大会を
親子3人で見に行った。


浴衣姿のミニロボと手をつないで。w




まえにもましていい席がとれて、
目の前でたくさんの花火が炸裂した。w


それでも・・・・・



20代の頃ほど、感動しない・・・・。
どうしちゃったの、私?



やっぱり、



年くったから、か?







20代の頃、


毎年夏になると、


7/25  天神祭
8/1   PL花火芸術
8/5   水都祭    (注:当時はそうでした)

の、全部、または、どれかは必ず見に行って
「わ~い!」と素直に感動していた。


涙が出て困ったこともあったくらい。w






だけどどうしてかな?
20年たつと人間の感性ってこうも鈍るもんかな。。。




と、ちょっと悲しく思った。







ところが、ついさっき、


ふとした拍子に




あ、そうか!(゜o゜)

と気づいた。








若いときって、いつも不安だったんだ。
だからあんなに感動したんだ
、って。









「この先どうなるんかなぁ~、私」
っていうのが、いつも気持ちの底に流れていて、



だから、




ちょっとでも楽しいことがあると、
むさぼるように享受してたんだ
、って。










所詮、勤め人というものは、
入れ替えのきく人材。



仕事に責任が出てくるようになって、
やりがい、なんてのが出てきても、


「あなたでないとダメなんだ。」という存在ではない。


そんなむなしさがつきまとう。











結婚?



旦那や子どものためだけに生きられるかなぁ~私。



と、思ってた。




イメージ湧かなかった。



それに、



結婚ってゴールだと思ってた。
つまり、


物語の終わり。w







でも、



パパロボと出会ったとき、
そんなこと思わなかった。



結婚してからが
物語の始まりになるだろう、って気がした。



事実そうだったわ。





ま、それは別の話。ww



とにかく、今、私は



『この先どうなるんかなぁ~』が、なくなったのだ。




だって、




ここが私の居場所なんだと、
無防備に安心できる。



いろんなことに身構えていた
あの頃と違って、

ジャングルの中を、
冒険しながら進んでいたあの頃と違って、





見通しのいい道を、
親子3人で手をつないで歩いている。





そして、



家族というものは、



お互いがお互いにとって




「あなたでないとダメなんだ。」という存在なのだ。












だから、





私にとって花火は、


花火以上のものでは
なくなったのだ。






だったら、いいや。
(^_^)



動画はこちらへ

[PR]
by hanarobo | 2007-08-08 14:23 | 脳内