頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

蜜月。

日曜の朝。

パパが先にベッドから出た。
私は起きようか、ばっくれてまた寝るかw
迷っていた。


と、そこへミニロボ。




ベッドにもぐりこんでくる。

で、


私の細いw
腕枕でしゃべりはじめる。



ミニロボ 「ママ~ 私生まれ変わったらハトになりたい。」

はなロボ 「え、なんで。」

ミニロボ 「ハトだったら人間に撃たれたり、
       他の鳥に捕まったりせーへんやろ?」

はなロボ 「香港の人はハト食べるで。」

ミニロボ 「え゛!」

はなロボ 「ハト料理ってあるで。」

ミニロボ 「え=! ほんなら、白鳥になりたい。白鳥やったら天敵おらへん?」

はなロボ 「う~ん… どうかな? しらんわ~」

ミニロボ 「とにかく空飛びたいねん。」

はなロボ 「そうやと思ったけどw  ほな、虫とかは?」

ミニロボ 「ちょっとイヤ…」

はなロボ 「はははは」


ミニロボ 「そうだ!(゜o゜)   キト! キトがいい!
      大事にしてもらえるもん。」


はなロボ 「トキや。それ。」





こんなのがいつまでつづくやら…
[PR]
by hanarobo | 2007-05-20 18:24 | 日常