頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

思いおこせば。

はなロボ 「ねぇ、どっちかっていうとパパってさ、」

パパロボ 「うん。」

はなロボ 「私のいいところの方を先に見た人やよね?」

パパロボ 「ああ、うん。」

はなロボ 「バリバリ仕事してるとこを。」

パパロボ 「うん。」

はなロボ 「私にダメダメなところがあるって、いつわかったん?

       っていうか、

       わかったとき、幻滅せーへんかったん?」


パパロボ 「いや、部屋に来てコーヒー出したとき、」

はなロボ 「え!もう、そのときにわかったん?!」


そう、15年前の冬。 


パパロボと私がそれぞれ別の部署のネットワークの担当者となった。
作業の性質上2人で組んで仕事をしなくてはいけなくなった。
それで、打ち合わせのため、私がパパロボの居室を訪問したのだ。

そのときにパパロボは自ら私にコーヒーを入れてくれたのだった。


パパロボのいた部屋はトイレの隣のコンピュータルームで、
そのコンピュータルーム全体がなぜか異様にトイレくさかった。ww
あのなんともいえない水っぽい臭いがした。


だからパパロボが入れてくれたコーヒーを飲むのは勇気がいった。ww


はなロボ 「なんで、そのときにわかったん?」

パパロボ 「なんか飲む前に言ったことがおかしかってん。」

はなロボ 「なんて言ったん?
       『トイレくさいですね。』とかw?」

パパロボ 「いや、そんなストレートなことじゃないんやけど、
       なんか面白いこと言ったから、
       この子は気取ってなくて話しやすいな、って。」

はなロボ 「それって、ダメダメな感じじゃないやん。」

パパロボ 「いや、だから、、、つまりいたずらっぽいっていうか、
       子どもっぽいトコがあるな、と。」

はなロボ 「あ=== そうか= は~」




当時はがんばってたのになぁ…
キャリアウーマン(めっちゃ死語)気取って。ww
ハイヒールにスーツで。www


だけど、いつも


デキル感じで押し通そうとしても、
そういうところが透けて見えるみたいで
もひとつ頼りない感じやったな、自分でも。
仕事相手はもっと思ったやろうけども。ww


パパロボと打ち合わせするときも、相手のことを知っとかなくては、
って思って事前に経歴関連の書類見たりして。
なんせデキル女(のつもり)だし。w


それで、同じ大学出身だということがわかったのだった。


だから、部屋に行ったとき

「○○さん(パパロボ)って、私と同じ大学出てはるんですね~」

というので、まず話を切り出した。

和やかムード演出!と思って。w


パパロボ 「そうですよ。
       私は、はなロボさんが入ったときから知ってましたよ。」


はなロボ 「え゛!入って今年でもう7年目になりますけど。」


パパロボ 「はい、それくらい前から。」


はなロボ 「え====
       そんなんだったら、お食事にでも誘ってくだされば
       ご一緒したのに~」 


そう言ったら、


パパロボは、見る間にボワっと赤くなったのだった。w


で、


私は 「あ。」と思ったのだった。





(つづく)
[PR]
by hanarobo | 2007-05-12 02:19 | 思い出