頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

「父は立派な人だったよ。」

(タイトルは映画『ゲド戦記』アレンの台詞より)


『ゲド戦記』を見た。


惜しい。


父、駿が「素直な作り方でよかった。」と感想を述べたとおり、
全く素直な作品だった。
それ以上でもそれ以下でもない。


あんまり素直すぎて、

山も谷も、メリハリも、緩急も

存在しない



うえに、


あそびもない。




あの宮崎アニメ特有の
ストーリーがふわっと走り出す瞬間が感じられなかった。



素材は、まるでとってつけたかのように
この時代にピッタリ過ぎるほどピッタリなのに、
全くそれが生かされていない。


惜しい。






・・・・・というわけで。


今まで宮崎アニメを見たことがない人には、オススメできません。



作品テーマやキャラ設定など、表面上はものすごく似通っているために、
これが宮崎アニメかと誤解してしまう恐れがあるので、見ないほうがいいです。w
別物です。



でも、

今までの宮崎アニメをよく知ってる人、好きな人は必見です。


この作品の中には、私とパパロボが
帰りのラーメン屋で話し合っただけでも

『アルプスの少女ハイジ』
『ルパン三世 カリオストロの城』
『天空の城ラピュタ』
『魔女の宅急便』
『千と千尋の神隠し』
『ハウルの動く城』

これらの作品からキャラや描写のパクリが見られます。

キャラについては
まるで、手塚治虫のスターシステム(キャラの使いまわし)のようです。
ファンにとっては、そこがたまらないツボとなるでしょう。



現にこの映画を見た後は、
みんな何か言いたくて言いたくてたまらなくなるようで、


ミニロボさえも「あれはアレとおんなじやったよねぇ~」と
口角泡を飛ばしていました。
(『塩ミルクラーメン』という、クリームシチューにラーメンが
 浮かんでるような不思議なものを食べながら)


あと、肝心な




『子どもに見せたいか』ということについて。


子どもに見せたい、見せたくない以前に、

はっきり言って、子どもの鑑賞には堪えられません。

小学校低学年までは完全に無理でしょう。(残酷シーンもあります)
じっとガマンして見ることができるのは高学年くらいから。
ちゃんと内容がわかって鑑賞できるレベルは、中学生以上でしょう。

ただ、

大人でもストーリー展開の緩慢さに閉口するほどなので、
楽しんで見ることができる子どもはかなりの少数派だと思われます。






宮崎吾朗監督。

次回作に期待します。
[PR]
by hanarobo | 2006-08-07 22:25 | 脳内