頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

ラブコメ。

ミニロボは放送委員。
放送室で朝の読書タイムや給食時間にCDをかけたり、
アナウンスしたりする(らしい)。

そんなミニロボの表情が曇っている。


ミニロボ 「まま~ どないしょ~ きんちょーしてドキドキする。
       今朝、私ひとりで放送するねん。
       放送室にひとりやねん。みんな用事で来られへんねんて。」
      
はなロボ  「大丈夫。ママがここから応援の気持ちを送っとくから。
        となりにママがおる、って思っとき~ 」

などと言って送り出した。





夕方、ミニロボ帰宅。


はなロボ  「で、どうだった?今朝の放送。」

ミニロボ  「結局ね~  ひとりにならなかった。」

はなロボ  「え?なんで?」

ミニロボ  「○○くん、と△△くんが来てん。」

はなロボ  「は?なんできたん?」

ミニロボ  「わからん。ほんで2人でケンカしててん。

        なんでおまえがおるが?って。

        (注:富山弁『どうしておまえがいるんだ?』の意)
        

        うるさかった~」



は、は~~~ん…

なるほど。


みなさんもおわかりですね?www



でも、まじでミニロボにはわからないらしい。



おもしろ====
かわいい========wwwww
[PR]
by hanarobo | 2006-06-30 22:21 | 日常