頭に浮かんだ よしなしごと。


by hanarobo

ママは もう我慢できません!!

私のこの勢いに押されて、





8月29,30日、すなわち夏休みの最後の土日は、
ミニロボの部屋を大掃除することになった。





大阪から富山に引っ越してきたとき、
ミニロボは小学4年生。
それが今や中2。



引越しの機会に、おもちゃを整理しようとがんばったが、
ミニロボの阿鼻叫喚w に阻まれて、
仕方なく持ってきたものも多い。


いや、


そんなわかりやすい
おもちゃに限らず、






髪留めや、鉛筆や、ペン
何かでもらったストラップやキーホルダー、
キャラのついたメモ帳やノート、
そしてシール!!

ちっちゃなカワイイものたち。



これがどの引き出しにも脈絡なく入っている。





小物入れ、棚、はもちろん、本棚さえも
そんなものでギュウギュウ。


勉強机だって魑魅魍魎。



使える空間になってない。




掃除もしづらい。




第一、




そんな小学生時代の遺物に囲まれてちゃ
気が散って勉強できないでしょ。




まーーー
そんなこんなで、


えいや!!っと親子全員でやりました。





学生の本分は勉強。



ということで勉強机から。



立ててある本を全て、床に降ろし、
引き出しを全て、床にひっくり返し、


机をからっぽにしてから
丁寧に拭き掃除。



もうね、そのときの床のスゴさといったら。ww




そして、「必要なものだけを戻す」




このやり方で、
本棚、小物入れ、クローゼットも順次やっていった。




途中、



床いっぱいを埋め尽くす品物たちを見て
家族一同呆然。。。


「すごいなぁ~~パパ。
うちはママが働いてないから、これ全部パパが買ってくれたんやで。
パパが働いて稼いだお金が、こうなってんで。 すごいなぁ~~」



「なんか、ゲッソリするわ。。(苦笑)」



「パパごめんね。。。」



「いやいや、そういうことじゃなくて、
 ママはただ、パパはスゴイ、って思ったから言ったのよ。

 子どもって、小さいときは、まずなんでも欲しがって、買ってしまって
 そのことで自分は結局何が好きで、何が必要なのかを
 学んでいくんやからこれでええねん!

 みんなそうや、気にしなや!」



小4のときは何でもかんでも
「だめ=!捨てないで==!」と言っていたが、


中2の今では、『これは要る』『これは要らない』と
テキパキと判断できるようになった。


知らない間に成長してるんだな。




付設の粗大ゴミ置き場は、
ミニロボの部屋から出た不用品でパンパンになった。w




この大掃除は、
夏休み最後の土日だけでは終わらず、
9月最初の土日も使い、


合計4日間かかった。ww



部屋がスッキリした。
広くなった。
使いやすくなった。



そして、

ミニロボに、どことなく落ち着きが出てきた。
中学生の自覚、っていうのかな?




部屋は人なり。





しかし、



パパと私は、

クシャクシャに疲れてしまったよ。






子育てって体力いるぜ。w
[PR]
by hanarobo | 2009-09-08 12:16 | 日常